« 中村憲剛 | トップページ | 谷口、U-21代表候補合宿に選出 »

2006/09/18

雨の中で得たものと失ったもの

失ったもの
勝ち点3
箕輪の同点ゴール

得たもの
我那覇の先制ミドルシュート
キンチャンの先発出場
周平の復活

記憶に残っているはポスト・バーの大活躍と、二人の副審のオフサイド判定の違いですね。
ポスト直撃シュートは覚えているだけで両チーム合わせて4本はあったはず。あとで録画を見て数えてみます。

(追記)確認しました。両チーム合わせてポストが2本、バーが3本でした。印象よりもずいぶん少なかったですね。

ジュビロの3点目と4点目はいずれも直前のパスがオフサイド臭かったのに、メインスタンド側副審はオフサイドの判定なし。一方、ロスタイム箕輪の同点ゴールは、バックスタンド側副審がオフサイドの判定で幻の同点ゴール。
これが全部逆だったら、4-2でフロンターレの勝ちだったのに。くっそー。

|

« 中村憲剛 | トップページ | 谷口、U-21代表候補合宿に選出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中で得たものと失ったもの:

» 「ひたむきに 上をめざして」 [でゅっせるスポーツ]
主力温存で痛い黒星 川崎、監督采配が裏目に (共同通信) - goo ニュース 泣く子も黙るNHKの人気番組「ドキュメント スポーツ大陸」にて「川崎の司令塔」 やら「ファンタジスタ」と…少々持ち上げられ過ぎなのはさておき(汗)、すっかり 「川崎の顔」となった感のある中村憲剛。 しかしそんな中村憲剛を、関塚監督は「ターンオーバー」の名の下に「温存」した。 試合の内容はともかく負けてしまっては…上の様に書かれても仕方ありません(汗... [続きを読む]

受信: 2006/09/18 10:34

« 中村憲剛 | トップページ | 谷口、U-21代表候補合宿に選出 »