« 我那覇日本代表で2ゴール | トップページ | 熱き思い »

2006/11/19

苦しんで掴んだ勝ち点3

ブラジル人トリオと箕輪が出場停止、我那覇とケンゴが水曜日に代表戦、谷口が火曜日にU-21代表戦と、コンディションが厳しい中、代わりに先発出場した黒津、西山、キンチャン、佐原の頑張りで、福岡に2-1で勝利。

残留にかける福岡の気合の入ったマークやサイド攻撃に苦しめられ、快勝とはいい難いゲームでしたが、勝ち点3を獲得したことがなによりの成果でした。前節あんな負け方をしただけにね。

浦和が名古屋に負けたため、勝ち点差は4に。残り3ゲームで、浦和との直接対戦がないこと、G大阪もいることを考えると、優勝の可能性は決して大きくはありませんが、前節よりも可能性は高まったと言えそうです。

川崎目線では試合内容全体的にどちらかというイライラする試合でしたが、その中でもいくつも見どころはありました。決定的なピンチを防いだ吉原、西山の高速ドリブル、PKを獲った黒津の飛び出し、我那覇の初PKゴール、谷口の決勝ゴール、そのボールに最後まで詰めていた我那覇。ホーム側ゴールのクロスバーの活躍も(^_^;

必ず今後に繋がると信じています。

|

« 我那覇日本代表で2ゴール | トップページ | 熱き思い »

コメント

TBさんくすです。
我那覇のPKが初めてだというのはブログをめぐるまで知りませんでした。確かに日本人オンリーだったら,得点王を争っていればあそこで蹴るのは彼しか居ない,ということになりますが。
ここでこれだけ迫れるなら,ああ先週とっておけば・・・ということになりますが,そう言わずに前を向かなければいけないのですね!

投稿: たつパパ | 2006/11/19 16:50

たつパパさん、コメントありがとうごいさます。

> 我那覇のPKが初めてだというのはブログをめぐるまで知りませんでした。

数年前に我那覇が倒されてPKを蹴りたそうにしているのを見たことはあるのですが。私の(ブログじゃない)ホームページの写真館にそんな写真があるはずです。
たしかその時もジュニーニョが蹴ったと思います。

> ここでこれだけ迫れるなら,ああ先週とっておけば・・・ということになりますが,

たられば、ですけど、やっぱりそう思いますよね。首位と勝ち点1差ならば、【フィクション】のように、最終節で優勝決定という可能性も大きくなりますからね。

あと3戦、しっかり応援していきましょう。

投稿: やまちゃん | 2006/11/19 20:16

遅くなりましたがTBありがとうございました。
内容は悪かったですがこのメンバーで勝てたことが何よりも大きいですね。
フロンターレも頼もしくなったなあと思います。

引き続き厳しい状況が続きますが最後まで諦めず後押ししましょう!

投稿: piko | 2006/11/20 18:23

pikoさんこんには。コメントありがとうございます。

清水戦に負けて、優勝の可能性が消えてしまいましたが、まだまだACL出場権の可能性は残っていますから。まだまだ諦めず、元旦まで頑張りましょう。

投稿: やまちゃん | 2006/11/24 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦しんで掴んだ勝ち点3:

» 対福岡戦:誰も諦めてはならぬ [川崎フロンターレを応援してみよう]
試合前にコールリーダーさんたちの説明。 「選手へのコールが終わった後のフロンターレコールを今日は『関塚フロンターレ』にします。よろしくお願いしまーす」 そう、セッキーが3年かけて作り上げたこのチームでタイトルを取りたいんだ。自分達に今のフロンターレをプレゼントしてくれたセッキーの手にタイトルを! それを後押しすることがサポができる恩返し。 だから、俺たちも心ひとつに。決してあきらめない。 そう、俺たちはフロンターレ。 以下、所感にリスペクトを込めて。 ... [続きを読む]

受信: 2006/11/19 11:39

» 「俺たちは、川崎フロンターレ」 [でゅっせるスポーツ]
幸運の決勝点、川崎が逆転Vへの望みつなぐ(読売新聞) - goo ニュース 「幸運」ねぇ…。 まあ確かにあの試合内容で勝点3が手元に残ったんですから、そりゃ幸運かも しれませんねぇ(汗)。 久々に選手紹介前にVが用意された本日。 「俺たちは、川崎フロンターレ」 「最後まで絶対に諦めない−。」 「今こそ、こころ1つに。」 この最後の言葉の少し前の、ユースケの 「歌まで作ってくれたサポー�... [続きを読む]

受信: 2006/11/19 23:20

« 我那覇日本代表で2ゴール | トップページ | 熱き思い »