« さあ等々力最終戦へ | トップページ | エルゴラ »

2006/11/26

後悔せず

等々力最終戦のあと、今シーズンホームゲーム終了のセレモニーと、ヤス、きんちゃん、鬼木の引退セレモニーが行われました。三人ともに思い出深いですが、なかでも鬼木の挨拶には、本当にグッときてしまいました。

「怪我と戦った自分のサッカーには悔いがあります。でも自分の決断には後悔しません。」

最後までセレモニーにつき合ってくれて、最後に鬼木が挨拶にいったら盛大な鬼木コールをしてくれた鹿島サポータの人達。鬼木は本当に愛されていたんだなと感じました。

お疲れさま。そしてありがとう。

|

« さあ等々力最終戦へ | トップページ | エルゴラ »

コメント

オニキの挨拶、泣きそうになりました・・・。アントラーズサポの義理深さにも本当に感動しました。毎年この時期は去る者に対する寂しさがこたえますね。

投稿: フロフロ日和管理人 | 2006/11/28 15:45

フロフロ日和管理人さん
TB&コメントありがとうございました。

去年もそうだったけど、今年もまた泣けてしまいました。
この涙は悲しみの涙じゃなくて、彼らのこれまでのサッカー選手、フロンターレ選手に対する感謝、感動の涙なんだから、いくら泣いてもかまわないんだと思います。

投稿: やまちゃん | 2006/11/29 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後悔せず:

» 「彼ら3人のための試合」 [でゅっせるスポーツ]
箕輪、ロスタイムに決勝点 川崎−鹿島評(共同通信) - goo ニュース くぅ〜。流石は箕輪。漢の中の漢です。 エントリのタイトルはこちらの箕輪の談話から。箕輪のキンちゃんへの想いや、 この試合に対するミノの意気込みが分かるいいインタビューでした。 では、まず試合から。 鹿島は以前と比べるとゴール前での手数が減り、クサビを入れてから2列目が シンプルにゴール前に飛び込み、シンプルにフィニッシュに持ち込む…という �... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 01:24

» 同い年たちの引退に思う [川崎、フロフロ日和]
オニキ、コンノ、そしてヤスさんの引退が発表されてから数日・・・。 彼らの引退に思うことは働き盛りの年齢で現役を退く、その選手寿命の短さだ。当然、選手としての引退であり、社会から足を洗うわけではないのだが、それでも一線から退くのは早い、早すぎる。 オニキ....... [続きを読む]

受信: 2006/11/28 15:43

« さあ等々力最終戦へ | トップページ | エルゴラ »