« 延長勝ちで準決勝進出 | トップページ | ファン感 »

2007/07/16

もう一人のユースケ

ナビスコカップ準々決勝甲府戦@国立(ホーム)のMIPは井川。理由は井川自身が言っている通り。

「勝てて本当によかった。第1戦は自分が入ってロスタイムに決められた。第2戦も自分が入ってから失点。自分の役割はディフェンスのつもりでピッチに入ったが、失点してしまったので、もう後がない状況だった。攻めるしかなかった。2-1になった時点で終わらせようというプランだったと思うが、失点したことで逆に選手たちに火がついた。3点目のテセへのアシストはしっかり見えていた。これまでマイナスのボールにして相手にカットされていたので、おもいきってゴールの目の前にボールを送った。右サイドバックは他のチームでやっていたのでやりやすい部分はある。試合になると自分のプレーをなかなか出せなかったが、ようやく自分らしいプレーができたと思う。チームメイトからは、フロンターレに移籍してきて一番良いプレーだったと言われてしまった。」

あの右サイド突破をもっといつも見せて欲しい。あれなら勇介にも負けないよ、祐輔。

|

« 延長勝ちで準決勝進出 | トップページ | ファン感 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一人のユースケ:

« 延長勝ちで準決勝進出 | トップページ | ファン感 »