« リーグ戦も残り2節 | トップページ | ジャイアントキリング »

2007/11/25

等々力最終戦

今年の等々力での戦いを勝利で飾りました。
等々力最終戦セレモニーは引退選手もいなく淡々と終わりました。ヒロキが「来年もシーズンチケット買ってください」といったところくらいですね。印象に残っているのは。あ、「来年は等々力で全部勝ちます」もあった。

試合の印象ですが、広島はいいゲームをしていましたね。失点シーン、特に後半立ち上がりの2失点を除いては。

前半の(広島からみた)失点は、勇介のクロス、クッキー養父のダイレクトボレーでの折り返しと完全に崩したゴールでした。あれは広島を責めるというよりもフロンターレを褒めるべきですね。

後半開始いきなりのジュニのゴールは、広島のディフェンス陣がオフサイドとセルフジャッジをして止まってしまってました。録画しておいたTV中継を見てもたしかにオフサイド臭かったですが。

ケンゴのミドルシュートは素晴らしいの一言。後半開始いきなりの失点で動揺したのか、シュートコースを空けてしまったのでしょうか。ケンゴは年に1~2回、ああいうゴールが決まるんですよね。1~2回といわずにもっと決めてくれとお願いしたい(^^ゞ

どうでもいいけど印象に残ったのは、柏木の走りっぷりですね。ちょっと内股で肘を伸ばしたままプラプラと歩いていたと思ったら、いきなりダッシュでボールを追いかける。あの走り姿にはちょっと萌えました。来年降格したらフロンターレに移籍してこないかな。谷口、養父、久木野、と組み合わせたら面白い中盤ができそう。
最初、金髪(銀髪?)を探していたら見つからなくて、黒髪に戻ってましたよ。北京行きを決めたU-22モードから、残留に向けた広島モードに切り替えだったのでしょうか。

もう一つ、TV解説の相馬さんが「クッキー(の)」と言ってて、あぁ、相馬先生も「クッキー」って言ってるんだってちょっと嬉しかったです。

|

« リーグ戦も残り2節 | トップページ | ジャイアントキリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 等々力最終戦:

« リーグ戦も残り2節 | トップページ | ジャイアントキリング »