« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/31

雪
妙高のパーキングエリアにて、車の中から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/30

今シーズン終了

天皇杯準決勝まけてしまいました。悔しいですね。

数年前だと「やっぱり鹿島にはかなわないね」という感じがあったので、負けても「よくやった」という気持ちになれたのですが、今は勝てる試合を勝てなかった悔しさがこみ上げてきます。この悔しさを来年のバネにしましょう。

それではみなさん、よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/29

天皇杯準決勝メンバー予想

久しぶりにメンバー予想をしてみました。

    ジュニ  テセ
黒津          久木野
    河村  ケンゴ
宏樹           勇介
    周平  箕輪
      川島

GK相澤、DF佐原、井川、MF養父、マギヌン、大橋、FW我那覇

願望は入っていますけど、妄想というほどじゃありませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

天皇杯準決勝

心配していた雨も今は止んでいるようです。天気予報でも今日の降水確率は30%。昨夜のような土砂降りの雨は避けられるようです。助かりました。
ただ、ピッチはそうとう濡れているでしょうけど、選手たちはしっかり対応した戦いをしてくれると信じています。我々にできることは応援することと信じること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

井川、西山、そしてフロン太

井川を完全移籍で獲得、西山の仙台へレンタル移籍がオフィシャルで発表されました。

井川は、以前このサイトにも書きましたけど、ナビスコ準々決勝甲府戦@国立でのドリブル突破と、その翌日のファン感でのハジケぶりに私のハートを鷲掴みされました。天皇杯の準々決勝愛媛戦では箕輪と交代してそのまま右ストッパのポジションに入っていましたから、右サイドバックだけでなく、高齢化が心配されている川崎山脈のバックアップとしても期待されているようです。

CBに井川祐輔、両SBに森勇介と田坂祐介という、「トリプル・ユースケ」もみられるかもしれません。

西山はもともと仙台出身ということもあり、仙台系サイトでも歓迎されているようです。完全移籍した岡山といっしにピッチ内外で活躍してくれそうです。

他にも佐原がFC東京へレンタルとか、浦和が黒津をとか、神戸が我那覇をとか報道されていますが、これらはまだ噂とか検討とか交渉とかの段階でしょうから、正式発表があるまで待ちたいと思います。


で、タイトルにも書いたフロン太ですが、これは移籍なんてことはありえません(^^ゞ なんとアニメ界に進出だそうです。最初はスタジアムで流す15秒程度のプロモーションアニメから、将来的には30分程度のアニメ番組の製作まで考えているとか。

アニメ番組になったら、ぜひ全国ネットで放送してください。TVKとケーブルTVだけだと私(千葉在住)には見ることができません。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

天皇杯ベスト4

準々決勝愛媛FC戦、結果だけみると2-0で完勝ですが、ちょっともやもや感が残る試合でした。愛媛がしっかり守っていただけでなく、なんどか危ないシーンも作られてましたし。でも、大橋のミドルシュートは見事でした。できれば近くで見たかったですね。

関塚監督の交替策は、最初は大橋→河村。河村がボランチに入ってケンゴがトップ下へ。これはいつもの交替策で分かりやすかったのですが、二人目が箕輪→井川で井川がそのまま箕輪の位置に入ったのは、ちょっと以外でした。井川が準備していた時は、いつもの関塚監督の交替策だと河村と交替かと思ったのですが、これは新しいオプションですね。三人目がテセ→マギヌン。マギヌンがようやく怪我から復帰してきました。マギヌンは来年はどこのチームでプレイするのでしょうか。どこのチームに行っても川崎戦以外で活躍してください。

試合以外で一番印象に残ったのが、アニメ声の女性スタジアムアナウンサーがじゃなくて噛みまくりだったこと。愛媛の監督の名前は呼び忘れるし、我那覇はガハナになっちゃうし。ちゃんと言い直しましたけどね。おかげでオーロラビジョンの画像とアナウンスがずれるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/23

埼玉スタ到着

開門まであと少し。
待ち行列は2000人くらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

明日の埼玉スタジアム

午後はなんとか雨が止みそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/20

天皇杯準々決勝 愛媛戦に向けて

週間天気予報によると、埼玉地方は今週末土日と曇り時々雨、降水確率50~60%の予想です。この季節に雨に打たれるのは辛いですよね。
準々決勝の会場は埼玉スタジアム2002という大箱なので、どこか屋根の下にもぐり込めるでしょう、と思っていたら、席割りはこんなだそうです。

SS:メインスタンドロアー中央
S :メインスタンドロアー袖
SA:バックスタンドロアーおよびアッパー、メインスタンドアッパー
自由:ゴール裏

つまり、自由席は屋根なしのゴール裏のみ。
あんな巨大なスタジアムのメインとバックスタンドが、SS/S/SA席で売り切れるとも思えないのですが。アルディージャの人が押しかけても満員にはならないでしょうし。アッパーの端っこのほうでいいですから屋根の下を自由席に解放してもらえないでしょうかね。指定席だから(売れなくても)場所決まっちゃってるんですよね。

オーレくんたま媛ちゃんとか、雨に濡れるとあとで難儀する人(?)もスタンドに現れそうですしね。フロン太くんは現れるのかな。カブは大人の事情で無理っぽい気がしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

ジュニ、フッキ、勇介、そして我那覇

今日はオフィシャルページが賑やかでした。
ジュニの契約延長決定、フッキのレンタル復帰決定、勇介のブルーサンタ。会社で(一応定時後ですよ、念のため)オフィシャルページを見ながらにやにやしっぱなしですよ。さぞかし不審な雰囲気だったと思います。

一方、神戸はじめ複数のチームが我那覇を狙っているとのこと。我那覇が他のチームにいくなんて考えられませんが、こういう記事がでるっていうのも我那覇の力が認められているってことですよね。

それにしても神戸ですか。このあいだの天皇杯での頑張りが目にとまったのでしょうか。ゴールはなかったけど結構復調してましたから。少なくともキレやすい大久保よりは使いやすいと思います。あ、大久保もフロンターレに来たら直るかもね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

ナビスコ杯組分けなど

来年のナビスコカップ予選リーグの組分けと、日程が発表されました。

フロンターレは、札幌、柏、千葉といっしょにCグループになりました。正直いってきついグループにあたっちゃいましたね。前年順位から決めるので、だいたい予想されていた通りなんですけど。札幌以外は首都圏なので行きやすいのはいいですね。

日程のほうは、予選リーグ6試合中5試合が土日または祝日にあたっています。ひとつだけの水曜平日開催の試合が(私にはどうせ行けない)札幌アウェイならいいんですが。逆に、「せっかくの北海道旅行の機会がなくなる」という人もいらっしゃるでしょうけど。

一方、決勝トーナメントに入ると、準々決勝、準決勝の4試合がすべてのうち3試合が水曜夜開催というのはいかがなものでしょうか。まぁ、暑い時期だから夜というのはいいとして。

こうやって、組分けとか日程が発表になるとワクワクしてきますね。うちはまだ今シーズンも終わっていないのですが。

(決勝トーナメントの平日開催の試合数が間違っていましたので訂正しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

Cドライブが一杯

最近BOINCの新しいワークユニットがこないないぁと思っていたら、Cドライブの空き領域が100MBくらいに減っていました。DISK空き領域が足りないので新しいワークユニットを送ってきていなかったようです。
ディスククリーンアップをかけたら1.7GBくらい空き領域が空いたので、しばらくはなんとかなるでしょう。

私のPCのディスクパーティショニングはCドライブには16GBしか割り当てていません。データなどはDドライブ以降に格納すればいいという考えです。このPCは私専用というよりも家族共用PCなので、年賀状用の住所録だとかのプログラムがデフォルトインストールされていたり、マイドキュメントにも塾やらPTAやらの資料も入ったりしています。それで気がついたらCドライブが一杯という状況になってしまっていたようです。

Cドライブへの割り当て容量も今後は40GBとかもっとたくさん割り当てるようにしないと駄目ですね。しかし、ここまでいろいろインストールしてあると、再インストールするのも面倒臭いんですよね。HDDが壊れでもしない限り。いきなり壊れられても困りますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/11

HDD DVDレコーダ

日曜日に、HDD DVDレコーダを買いました。HDDが600GBもついています。我が家のどのパソコンよりも大容量です。っていうか、我が家の全パソコンのHDD総容量と同じくらいです。

うちのテレビにも160GBのHDDがついていて、サッカー中継(私や女房)とかアニメ(娘や息子)とかを録画してあとで見たりしています。非常に便利です。ただ、HDDに録画した番組をDVDに焼いたり、他のHDDに移したりできないので、すぐにいっぱいになってしまいます。見たらどんどん消していけばいいだけなのですが、フロンターレの快勝した試合だとかを残しておきたいなと思うと、普段使える実質容量は減っていってしまうわけです。
HDD DVDレコーダは当然、DVDに焼くことができますが、DVDに焼いた番組をみるにはDVDをセットしなきゃいけないわけで、HDDのほうをよく使うだろうことが予想できました。300GBのモデルと600GBのモデルの実売価格の差が約1万5千円で、ドライブ単体を秋葉原で買ったとして1万円弱なので、まぁこんなものかなということで600GBモデルにしました。

おまけとしてテレビ接続するためのHDMIケーブルも付けてくれましたし。

家に持って帰って、接続作業開始。いきなり嵌まりました。うちのテレビは2年くらい前に買ったのでHDMI端子がありません。あったのはD端子だけでした。電器屋さんで「HDMI端子って四角いやつですよね。たしかありました。」なんて言っていたのですが、D端子は(丸くはないけど)四角形というよりは台形でした。しかたなく、(近所の別の)電器屋さんにD端子接続ケーブルを買いにいきました。おまけのHDMIケーブルは「いつか使えるし」ってことで保管しています。「いつか」っていつなんでしょ。テレビを買い替えるときですかね。

しかし、最近のAV機器って接続やら初期設定やら大変ですよね。アンテナケーブルが2本×2(入/出)、D端子ケーブル、音声ケーブル、電源ケーブル、LANケーブルを接続し、これらをテレビ台の後ろ側に配線し、初期設定が一通り終わるまでたっぷりと1時間以上かかりました。

とりあえずこれでCWCのゲームは全部録画予約してもHDDがあふれることはなさそうです。
録画しておいて、いつ見るかはまた別問題。早送り再生機能とかってあったかな。あとでマニュアルを見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

天皇杯5回戦

神戸ユニバーで神戸と対戦。
自分としては初めての遠地遠征でしたが、天気もよく、試合内容も気持ちよく、癖になりそうです(^^ゞ

遠征写真記を作りました。

私はメインスタンド側のコーナー付近で見ていましたが、3ゴールとも前半右サイドからの攻撃でしたので間近に見れました。勇介のゴール気持ちよかったです。あれで完全にこっちのペースになりました。
テセの2点は両方ともジュニとケンゴが絡んで相手を崩しで、テセが撃つ前に「決まった」って思えました。気持ちよかったです。

我那覇も復調の兆しが見えました。惜しいシュートが何本もあったのですが残念ながら決まりませんでした。
Jリーグのわからん爺たちに負けるな。いまからでもゴールを量産しましょう。

次は埼玉スタジアムで赤い悪魔じゃなくて、オレンジの陽気なやつら、オーレくん、伊予柑太(昔は伊予カーンという名前だったのに、大人の事情ってやつでしょうか)、たま媛ちゃんたちとの対戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/08

神戸遠征(2)

15:30
試合終了
勇介のゴールと、テセの2ゴールで快勝。
次は埼玉スタで愛媛と対戦。今度もオーレくん達くるのかな。

16:10
ポートライナー
ポートライナーで神戸空港へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸遠征(1)

6:50
神戸へ
神戸に向かって移動中。

11:00
三ノ宮駅。
大きな荷物をコインロッカーに預けて、地下鉄に乗り換え。
フロンターレグッズを身に着けた人をけっこう見掛けます。
神戸グッズの人の人数と大して変らないくらい。

11:30
総合運動公園
総合運動公園駅に到着。初ユニバーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/07

クラブ世界ランキング

浦和系のサイトから導かれて、サッカークラブの世界ランキングのページを見てきました。このIFFHSという団体がどういう団体なのか知りませんが、ランキングの基準は各国のリーグ戦やカップ戦、大陸連盟のリーグ戦やカップ戦の結果に応じて配布されるポイントで決められているようです。
最新のランキングでは、川崎フロンターレもしっかりランク入りしています。

56. (70.) Urawa FC Red Diamonds Japan/2 144,0
155. (158.) Kawasaki Frontale Japan/2 90,5
337. (334.) Panasonic Gamba Osaka Japan/2 62,0

浦和は前回(1ケ月前らしい)よりも14あがって56位、フロンターレは3つあがって155位、ガンバは3つ下がって337位だそうです。日本の他チームは350位までの圏外でした。

浦和はCWCという世界大会がありますので、ここでひとつでも勝てばまたランクアップしそうですね。
天皇杯も(準々決勝戦以上なら)対象試合に含まれるようなので、フロンターレも天皇杯で優勝すればいくつかランクがあがるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我那覇を応援する

我那覇が提訴する意志を固めました。私は我那覇を応援します。

Jリーグ側はスポーツ仲裁裁判所(CAS)なら受けるが、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)なら受けない意向を表明しています。ドクターが提訴した時にJリーグ側が受けなかった理由が「ドクターは当事者ではない」からと言っていました。一方で「ドーピング違反かどうかを申し立てるなら国際サッカー連盟(FIFA)が妥当」とも言っています。前半の理由だけなら、我那覇本人が申し立てたのだからJSAAでも受けるべきだと思います。しかし、後者の理由ならFIFAの規定でCASが仲裁の機関であるという主張も多少の理屈はありそうです。

ただし、JSAAなら5万円くらいですむのに対し、CASだと1000万円くらいのお金が掛かるとのこと。クラブという法人ならともかく選手個人の申し立てにそこまでの費用をかけさせるというのも大人げないと思います。これでますますJリーグ(の一部の頭の固い人たち)が嫌いになりそうです。

我那覇としては、まずJSAAに申し立て、Jリーグ側が仲裁を拒否して初めてCASに申し立てるという手順でいいんじゃないでしょうか。そのほうが、世間の理解も得られると思います。

CASに提訴することになったら、サポータに募金を募ることもあるかもということです。私はいろんな募金とかには非協力的(※)な人間ですが、この募金がされるのであれば協力したいと思っています。

※災害復興などは行政が税金を使ってするものであって、募金を募るのは行政の怠慢という考え方。
※もう一つの理由は、募金したお金が本当に有効に使われているのかを監視する手段が十分でないところにはお金を出したくないということもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/05

マギヌンとチマルも

レンタル終了が発表されました。

チマルは開幕前の練習試合で大怪我をしてしまい、驚異的な回復力で復帰してきたものの、怪我の影響も少しは残っていたのか、それ以上に周囲との連携がフィットしないまま、ほとんど出場機会もないまま、契約終了となってしまいました。不運な1年だったと思います。日本に悪い印象を持ったままブラジルに帰ることにはならないことを祈ります。

マギヌンは、シーズン前半のリーグ戦とACLの過密日程のなかで良い結果を残すことができた大きな功労者の一人であることは間違いありません。終盤はカード累積と怪我で出場が減りましたが、ナビスコ決勝でゴール裏席に現れて挨拶したことなど、性格も文句なく、サポータから愛されていました。
来シーズンは日本のチームへの移籍が噂されていますが、対戦することになっても、私はきっとブーイングではなくて拍手で迎えると思います。フロンターレ戦ではうちのボランチと守備陣でしっかり抑えこませていただきますが。フロンターレ戦以外での活躍を期待します。特に、赤いチーム(複数)とか濃い青黒のチームとか、オレンジのチーム(複数)相手に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のサカダイ

最終ページの「加部究のフットボール見聞録」から。

=====
傷心のホルガー・オジェック監督が記者会見の席につくと ・・・
指揮官が語る。「ご覧になったのが我々の状況です。いままでは訊かれる度に、体力的にも問題ないと答えてきましたが、やはり心身ともに疲弊しきっていた。」
・・・
結局川崎のスタメン変更を非難した犬飼基昭Jリーグ専務理事の発言に無理があったことは、皮肉にもお膝元の浦和が立証してしまったことになる。 ・・・
どんなに能力が高くても、疲れ切っていてはベストメンバーとは言えない。 ・・・
=====

結局、浦和も犬飼さんの被害者だったことになりますね。

さらに、こんなことも書いてあります。

=====
また、33節、浦和-鹿島戦の扇谷健司主審のジャッジも、優勝争いの流れを強引に捻じ曲げてしまった印象が残った。鹿島側のふたりの退場もヒステリックに映ったが、 それ以上に、62分のワシントンの明らかなシミュレーションは目の前で確認したはずである。 ・・・
ちなみに扇谷主審は、その1週間前の32節、FC東京の茂庭照幸を一発退場にしているが、これはボールに競りかけようとした行為で、ファウルだったとしても決して悪質ではなかった。 ・・・
もしこの試合をしっかり検証できていたなら、翌週最も注目を集める天王山で再び吹くという判断は理解に苦しむ。 ・・・
=====

その主審に最終節を吹かれた大宮-川崎ってどうなのよ、って感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/03

J2新規加盟

ロッソ熊本とFC岐阜のJ2加盟が承認されました。両チームの選手、サポータ、関係者のみなさん、おめでとうございます。

個人的にはちょっと遠くて行けそうにないのですが、地元の皆さんからすればようやく地元にJリーグのチームが誕生したわけで、地元のスタジアムでリーグ戦が楽しめるようになったわけですね。

これで来季は15チームでのリーグ戦となりますが、4回戦総当たりだと全60節、56試合という超長丁場のリーグ戦になるのでしょうか。それとも3回戦総当たりで、全45節、42試合になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう来ちゃいましたね。

契約非更新選手の発表が。落合、飛彈、大久保の三名と来年度は契約を結ばないことが発表されました。

落合は河村とタイプが被るうえに、あの物静かな雰囲気が目立たなかったかもしれません。結構好きだったんですけどね。フロンターレの選手の中ではちょっと異色だったかも。

飛彈は本当に好きだったんですよ。飛彈の26番のユニも持ってますし。飛彈のゴールって両方ともアウェイ、鳥栖と長居でしたっけ、直に見ていないんんですよ。それが心残りです。今年は怪我もあって右サイドのサブの位置すら失ってしまいました。
今年のファン感で村上との自虐ネタ漫才が痛々しくて見ていられませんでした。同じように感じた人が多かったのか、笑いがおきなくて余計にスベッた感じも悲しかったですね。今年は結婚もしたことだし、どこかのチームで活躍して「なんであの時に飛彈を出しちゃったんだよ」といわれるように頑張って欲しいです。

大久保。ごめんなさい、サテライトや麻生に行っていないので、今年のファン感で見たロングスローしか知りません。FC琉球で頑張るのかな、それとも他のチームに移籍するのか。

みんなの活躍を期待します。いつかどこかで対戦しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯5回戦にむけて

「なんとなくすっきりしねぇなぁ。」これが最終節大宮戦試合終了後の私の言葉でした。
NACK5スタジアムの運営がグダグダだとか、おかげで90分間たちっぱなしだったとかはありますけど。
アバンテ歌いだすの早かったですよね。国立での横浜FC戦の時も感じましたが。やっぱ2点差以上ついてるとか、そうでなくても、試合内容的に押しまくってる、って時にしましょう。あのアバンテって、選手の後押しをするというよりも、勝利の前祝いみたいな歌ですからねぇ。

ってことで、天皇杯はすっきりいきましょう。今度こそアバンテを気持ちよく唄えるように。

ということで、スタメン妄想(^^ゞいきます。

   テセ  ジュニ
黒津       久木野
   ケンゴ  谷口
宏樹 周平 箕輪 勇介
      川島

SUB:GK相澤、DF佐原、井川、MF河村、養父、大橋、FW我那覇

3人交代後のフォーメーションはこんな感じ。

  我那覇  ジュニ
      養父   
  ケンゴ   河村
勇介   周平   井川
   宏樹   箕輪
      川島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/02

鹿島逆転優勝

大宮公園でロスタイム劇場を見せつけられているころ、新横浜とカシマでは大逆転ショーが繰り広げられていたようです。帰ってきてから、両方の試合をTV録画で見ました。

横浜FCのまさかの(失礼)勝利に驚きましたが、試合内容も「どん引きで守って、セットプレイかなんかのワンチャンスで得点」という(私が想像していたような)ものではありませんでした。カズのサイドをえぐってからのクロスに根占がマーカーを振り切っての見事なゴールでしたし、その後も互角の勝負を繰り広げていました。
浦和はこれでリーグ戦と天皇杯を合わせて3連敗。どうしちゃったのでしょうか。やっぱり疲労の蓄積でしょうか。CWCまで2週間空きますので、しっかりと疲れを取ってアジア代表として恥ずかしくない試合をして欲しいと思います。

鹿島は3-0と完勝でした。2点目の本山のミドルシュート、3点目のマルキーニョスの相手DFを振り切ってのシュートは見事でした。清水も決して悪いようには見えなかったのですが、鹿島が良かったということなのでしょう。鹿島はこれでリーグ戦9連勝。10冠達成おめでとうございます。川崎もまずは1冠目を狙います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

SAMOCAFLEX35

田舎の実家を解体することになり、休みに時々帰省しては後片付けをしています。

先日も同じように片づけてをしていたら物置の中から珍しいカメラを見つけました。二眼レフカメラで本体にはSAMOCAFLEX35と書いてあります。二眼レフカメラというと通常縦型の箱型をしているのが多いのですが、このカメラは横長のボディにレンズが縦に二つ付いています。ちょっと触ってみたのですが、油切れか錆び付きか分かりませんが操作部が重くうまく動かないようです。どうしたらいいかわかりませんので、しばらく手元に置いておくつもりです。

そういえば父親が大昔にこんなカメラで写真を撮ってくれていた記憶があります。このカメラだったかどうかは分かりませんが、確かに二眼レフカメラで、上から覗き込むスタイル(ウェストレベルファインダーというらしいですが)で撮っていました。

父親は田舎暮らしながら新しいもの、メカものが好きで、カメラの他にもステレオレコードプレイヤーとか、農機具とかチェーンソーとかを周りよりも一足早く買っては得意気に使っているような人でした。晩年になってもワープロとかFAXなんかも限定された範囲ですが使っていました。過去形で書いてますが、父親はまだ生きてます。いまはすっかり呆けてしまっていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーチケお手紙

私のところにも着きました。武田信平社長と鈴木達矢選手でした。
来年も当然買うつもりですが、ちょっと金欠気味なので年明けてからになります。申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ最終節大宮戦

あっというまに今日はもう最終節になってしまいました。開幕戦で鹿島に勝利したのがついこのあいだのような、はるか昔のことのような不思議な気分です。

今日の大宮戦は楽しみが三つあります。

一つは新装になったNACK5スタジアム。大宮公園にはJ2時代に二度行ったことがあります。一度はマッチーの劇的ゴールで勝った時、もう一度は同じ年にの大宮×鳥栖の試合です。お目当ては松本育夫監督と伊藤彰選手でした。
大宮公園はゴール裏からピッチが近くて、でも柏よりは趣のある良いステジアムでした。その大宮公園がどのように新しくなったのか楽しみです。

二つ目は大宮に大量得点で勝って、ほぼ確定といわれている残留争いをもう一度面白くすること。5点以上、できれば7~8点くらい取って勝てば、広島にももしかするとチャンスが生まれるかもしれません。

最後は我那覇がベンチ入りするかもしれないということ。スポーツ新聞などの情報では前節でもベンチ入りあるかもということでしたので、最終節は是非とも途中出場でもいいから我那覇の元気な姿を見せて欲しいです。できればホーム等々力で見たかったですが。

ということで、メンバー予想です。今回は妄想じゃありませんよ(^^ゞ

   テセ  ジュニ
     養父
久木野      勇介
   谷口 ケンゴ
 宏樹 周平 箕輪
     川島

SUB:GK相澤、DF佐原、井川、MF河村、大橋、FW黒津、我那覇

スタメンは前節と同じになりました。サブも都倉から我那覇に変わっただけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »