« マギヌンとチマルも | トップページ | クラブ世界ランキング »

2007/12/07

我那覇を応援する

我那覇が提訴する意志を固めました。私は我那覇を応援します。

Jリーグ側はスポーツ仲裁裁判所(CAS)なら受けるが、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)なら受けない意向を表明しています。ドクターが提訴した時にJリーグ側が受けなかった理由が「ドクターは当事者ではない」からと言っていました。一方で「ドーピング違反かどうかを申し立てるなら国際サッカー連盟(FIFA)が妥当」とも言っています。前半の理由だけなら、我那覇本人が申し立てたのだからJSAAでも受けるべきだと思います。しかし、後者の理由ならFIFAの規定でCASが仲裁の機関であるという主張も多少の理屈はありそうです。

ただし、JSAAなら5万円くらいですむのに対し、CASだと1000万円くらいのお金が掛かるとのこと。クラブという法人ならともかく選手個人の申し立てにそこまでの費用をかけさせるというのも大人げないと思います。これでますますJリーグ(の一部の頭の固い人たち)が嫌いになりそうです。

我那覇としては、まずJSAAに申し立て、Jリーグ側が仲裁を拒否して初めてCASに申し立てるという手順でいいんじゃないでしょうか。そのほうが、世間の理解も得られると思います。

CASに提訴することになったら、サポータに募金を募ることもあるかもということです。私はいろんな募金とかには非協力的(※)な人間ですが、この募金がされるのであれば協力したいと思っています。

※災害復興などは行政が税金を使ってするものであって、募金を募るのは行政の怠慢という考え方。
※もう一つの理由は、募金したお金が本当に有効に使われているのかを監視する手段が十分でないところにはお金を出したくないということもあります。

|

« マギヌンとチマルも | トップページ | クラブ世界ランキング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我那覇を応援する:

« マギヌンとチマルも | トップページ | クラブ世界ランキング »