« 理事会に期待 | トップページ | 残り時間を1-3から再開 »

2009/09/14

理事会プレビュー

明日の理事会での落としどころを考えてみました。

フロンタファンの自分としては、試合成立、1-3で川崎の勝ちというのが理想です。テセの2ゴール、ジュニのゴール、薗田のリーグ戦初出場の記録も残りますし、井川の出場停止も消化します。過密日程のなかの再試合もありません。また、主催者の鹿島アントラーズにとってもチケットの払い戻しや再試合会場の確保などの金銭的負担も生じません。


次善のパターンが後半29分からの試合再開です。テセの2ゴール、ジュニのゴール、薗田のリーグ戦初出場の記録、井川の出場停止消化までは上記と同じです。まぁこのパターンの場合、試合中止決定後にピッチに座り込んだテセにイエローカードの追加くらいは覚悟しないといけないかもしれませんが。再試合の日程は厳しいですが、残り16分+αであれば、疲労は90分間の再試合よりもずっと少ないでしょう。

ただ、この案では日程の問題だけでなく、試合中断時と同じ選手で再開できるのかとか、試合再開時までのカードの扱いをどうするかといった問題があります。さらに再試合会場の確保、再試合を見られない観客に対する払い戻しをするのか、逆に再試合だけをみたいという観客はどうする、といったように主催者側の鹿島を悩ます問題はさらに増えそうです。


三つ目のパターンが、試合中止理由が「ピッチコンディションの不良」のため、主催チーム側の不手際として、再試合ではなく没収試合となって0-3で川崎の勝ちというパターン。ただしこれは鹿島側としてはとても受け入れられないでしょうね。報道では鹿島側もゲーム続行できると言っていたようですから。対戦相手である川崎の選手たちも続行できたと言っているのも大きな証言になるでしょう。
没収試合となるくらいなら、むしろ最初のパターン(試合成立で川崎の勝ち)のほうがまだしも受け入れられる可能性があるのではないでしょうか。


フロンタファンにとっての最悪のパターンが0-0からの90分間再試合ですね。
自分としては最悪のこのパターンについても、あの理事会のことですから覚悟はしておく必要があると思っています。
前の記事で「納得のできる結論として審判団とマッチコミッショナーへの制裁」と書きましたが、もう少し具体的にしてみたいと思います。

まず、試合中止の理由ですが、前述のとおり、「ピッチコンディションの不良」では鹿島側の責任になりますので、あくまでも豪雨という異常気象・天災のせいにしなければなりません。しかし、当日、現場では雨はたしかに強く降っていましたが、雷がなっているわけでもなく、風すらも強くありませんでした。なにをもって「危険」と判断したのかを明らかにしなければなりませんが、私にはそのような理由を説明(捏造)することは困難と思われます。

そうなると、最後の手段として、「審判団とマッチコミッショナーの判断間違いであったが、審判の誤審と同じく、一旦決定した結果をあとから変更することはできない。試合中止が一旦決まった以上、規約とおり『原則として再試合』とする」と強行してくる可能性があります。

この場合、過去の誤審の例をみても、試合結果は覆りませんが、誤審をした主審には試合割当ての一定期間停止や研修などの制裁が課されました。前の記事で私が書いたのはこれを意識していました。

通常の(というのは語弊があるでしょうが)誤審は、プレーの流れのなかで一瞬の判断を求められていたのに対し、今回は十分に吟味する時間があったうえでの誤判断ということで、より責任は思いと考えます。当然、それに賛同した、あるいは看過したマッチコミッショナーも共同正犯または未必の故意あるいは重過失と言っていいでしょう。現場のことは主審に任せているといいますが、今回のことは自分もピッチに出てみたり、選手の声を聞いたりできたはずであり、マッチコミッショナーの責任を果たしていませんから。

ということで、主審は半年程度の割当て停止と研修受講。半年間の割当て停止は岡田さんに対する実質的な引退勧告と受け取ってもらってもかまいません。主審に対して正しい意見を主張できなかった副審と第4審も2ケ月程度の割当て停止が必要でしょう。さらにマッチコミッショナーも半年程度の割当て停止が必要でしょう。

(追記)主審とマッチコミショナーには罰金も必要でしょうね。個人に対してなので100万円くらいでもいいですから。

あとはJリーグチェアマンは6ケ月間の給与返上、審判は協会所属のはずなのでサッカー協会会長も同様に6ケ月間の給与返上。

罰金と給与返上分で、鹿島よりももっと劣悪なピッチの九石ドームの改善でもしてください。それが選手の危険回避に有効な使い方だと思います。

|

« 理事会に期待 | トップページ | 残り時間を1-3から再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/46212632

この記事へのトラックバック一覧です: 理事会プレビュー:

« 理事会に期待 | トップページ | 残り時間を1-3から再開 »