« 残り時間を1-3から再開 | トップページ | 鹿島に敬意を表します »

2009/09/15

再開試合について考えてみた

出張でネット環境のない安宿にいます。夜長の暇つぶしにあれこれ考えてみました。

再試合ではなくて再開ですから、試合中断時点の状態を再現して開始するものと考えられます。鹿島は交替枠を一つ残し、川崎はすべて交替済みです。では、再開試合までに出場選手が怪我をしてしまったらどうするのでしょうか。また10月7日は日本代表の試合に挟まれてますが、両チームの代表常連選手は招集されないのでしょうか。興梠は交替済みなので招集されても大丈夫ですが。

(修正)10月8日に香港代表戦が予定されており、はさまれているわけではありませんでした。
(追記)試合中断時点での出場選手が怪我などにより出場できない場合は、リザーブ登録の選手から補充できるそうです。

10月7日までにカードが累積したり、直前のゲームで退場したらどうするのでしょうか。普通に考えれば9月12日の続きってことなので、これらは影響しないのでしょうね。では考えたくはありませんが、極めて悪質な暴行行為で退場したらどうでしょう。

そういえば、興梠は9月12日の前半で累積4枚目のカードをもらっていましたが、出場停止は第26節でしょうか、それとも10月7日の直後の試合?まぁそんなことしたら、再開試合までにまたカードをもらったりしたら訳分からなくなりそうです。

(追記)第25節の試合がまだ成立していないので、第26節は興梠は出場できます。

選手よりももっと関心が高いのが審判団とマッチコミッショナーでしょう。正直なところ岡田主審は勘弁して欲しいです。両チームの関係者(ファンやサポーターも含む)のほとんどは同じように思っているのではないでしょうか。

(追記)モバフロによると審判とMCは未定だそうです。Jリーグオフィシャルでも未定。
(さらに追記)報知によると審判とMCも同じとのこと。(>_<) 報知の誤報であることを祈ります。


これは今日の理事会で試合中止の判断をどのように評価したかによると思います。試合中止を間違っていなかったと結論付けていたら、同じ審判になる可能性は高そうです。本当にもう岡田主審は勘弁して欲しいのですが。

(追記)理事会では、試合中止の判断についての論議はほとんどされなかったようです。時間が限られているなかで後回しにされただけで、今後、しっかりと議論されると信じたいです。

次にチケットですが、半券を持っていれば続きは見られると思いますが、続きを見なくても払い戻しはしてくれないのでしょうね、きっと。半券は持っていないけど続きだけ見たいという人のチケットは?

(追記)鹿島の社長は払い戻しもあるような発言をしたようですが、まだ未定です。

アウェイツアーバスは出るのでしょうか。無料ってことはありませんよね。

TV中継は?スタジアムには行けなくても世間(少なくともサッカー世間は)の関心は高そうなので、視聴率は取れるんじゃないでしょうか。NHK-BSあたりでやって貰えないでしょうか。

ほかにもいろいろありそうですが、とりあえず今夜はこれくらいで。

|

« 残り時間を1-3から再開 | トップページ | 鹿島に敬意を表します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/46221717

この記事へのトラックバック一覧です: 再開試合について考えてみた:

« 残り時間を1-3から再開 | トップページ | 鹿島に敬意を表します »