« 第31節千葉戦 | トップページ | カタール? »

2009/11/11

実行委員会の結果

ナビスコ杯準優勝賞金5000万円の返上を求めず(つまり賞金は支払われる)、賞金は選手教育や社会貢献活動に使途を限定する、という裁定が下りました。

実行委員会としては妥当な(フロンターレファン・サポータとして納得できる)結果が出たと思います。鹿島戦での試合中止(中断)問題にしても、現地における一部の人間の判断ミスも、後日複数人による協議では、問題をことさら大きくせずになるべく多くの人間が納得できる結論を導き出してくれるということです。自分としては、Jリーグやサッカー協会への不信感がやや薄らぎました。

問題は、うえに書いたような判断ミスをした「一部の人間」が、会長とか主審といったそれなりに権力を持った人間であるということ、さらに、そのような人達が自分の判断ミスが及ぼす影響を想像できないらしいということでしょうか。

いずれにしろ、大きな問題として扱うのはこれで終わりにしましょう。
もちろん、フロンターレの選手、フロント、そしてファン・サポータも、信頼の回復に向けて長い時間をかけた取り組みをしていかなければなりません。

(訂正)裁定委員会ではなくて実行委員会でしたので、訂正しました。

|

« 第31節千葉戦 | トップページ | カタール? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/46733690

この記事へのトラックバック一覧です: 実行委員会の結果:

« 第31節千葉戦 | トップページ | カタール? »