« クリーンシート(第19節 名古屋戦 4-0) | トップページ | 新潟戦プレビュー(妄想) »

2010/08/21

レナチーニョの退団(?)騒動について

残念ですが、もともと欧州への移籍願望を持った選手ですし、実力もあり(、代理人も考えれば)、いずれは移籍・退団ということは当然考えられたことで、それがちょっと早まっただけということで、自分の中ではそれほどのショックではありません。

C大阪戦で同点なのに三人目の交代選手が(サイド攻撃が魅力とはいえ)DFの選手であったということは、ヘナのプライドを傷つけたことは容易に想像できます。結果論ですが、もし勇介がゴールとまではいわないまでも、アシストや起点になるプレーで、チームが勝利していたら、ヘナも自分の気持ちを無理やりにでも納得させることができたかもしれませんね。

フロンターレのブラジル籍選手というと最近は当たりの選手が多くて忘れがちですが、最近ではフッキの例とかもありましたが、彼らはブラジルからみれば海外組なんです。日本のチームが最終目標地点ということはありえません。海外組の日本人選手だってみんな「いずれはビッグクラブでプレーしたい」と言いますよね。つまり今のチームで、彼ら「海外組」選手たちが選手生活の最後までプレーしてくれるなんてことは、押しつけるわけにはいかないのです。期待したり、願望したりするのは勝手ですが。

ヘナの離脱は戦力的にはもちろん影響はあるでしょうが、黒津や矢島はもちろん、小林や高須といったFW陣や、楠神、木村、登里といった攻撃的MF陣にとっては大きなチャンスでもあります。「災い転じて福となす」としてほしいものです。

まぁでも本音ではやっぱり、「雨降って地固まる」ということで戻ってきてほしいです。ヘ~ナ、ヘナ、ヘナ、レナチ~ニョ♪をもう一度、いや何度でも歌いたいです。

移籍する時には、フロンターレの初タイトル獲得に活躍したあとに、円満に、ファン・サポーターからも祝福して送り出したいと思います。

|

« クリーンシート(第19節 名古屋戦 4-0) | トップページ | 新潟戦プレビュー(妄想) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/49209457

この記事へのトラックバック一覧です: レナチーニョの退団(?)騒動について:

« クリーンシート(第19節 名古屋戦 4-0) | トップページ | 新潟戦プレビュー(妄想) »