« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/28

応援スタイルについて(ブーイング)

浦和戦の浦和サポータの応援というかブーイングについて感じたことを書きます。

あまり気分の良い話ではありませんので、いやな気分になった方は無視していただけるとありがたいです。
また、浦和サポータだけを悪者にしているようになってしまってますが、そういう意図ではありません。浦和に限らず他チームのサポータでも同様のことがあるのですが、昨日の浦和戦であらためて感じたので取り上げています。


まず、ブーイングというのはどういう意図で行っているのでしょうか。私の考えでは、ブーイングする相手に対する不満の気持ちを示すとともに、それによって反省や奮起を促すものだと思います。ブーイングには明確な対象があり、どうして欲しいという気持ちが込められているはずだと思っています。

昨日の浦和戦では、川崎のGK練習で選手が出てくるときにすぐに大きなブーイングがおきました。スタメンの相澤もサブの杉山も、こういう言い方をしてはなんですが、代表クラスでもなければ、過去の浦和戦でファインセーブを連発したという記憶も、あるいは逆にラフプレーかなんかで揉めたことがあるわけでもありません。それなのに、あの大きなブーイングは私には理解できません。
無理やり理解しようとすると、あれは、相手に対する威嚇行為なんだろうということになります。しかも、威嚇する相手は対戦相手の関係者なら誰でも良いみたいです。

また、試合開始前にホーム最終戦ということで、阿部川崎市長の挨拶がありましたが、ここでも大きなブーイングがおきました。阿部市長は(株)川崎フロンターレの名誉会長であり、後援会長でもありますが、そんなのは単なる肩書でしかなくホームタウン自治体の首長として挨拶しています。おそらくどこのチームでも同様ではないでしょうか。そういう「来賓」の挨拶に対してブーイングをするということも理解できません。これも「対戦相手の関係者なら誰に対しても威嚇する」ということなんでしょうか。

さらに、阿部市長の挨拶のなかで「今日は良い展開で試合をして、浦和に勝って欲しい」という部分がありました。自分の感覚では「ここはブーイングするところですよ」という場面でしたが、なぜかここではブーイングはありませんでした。阿部市長も政治家として観衆の反応を確かめながら話す習慣がついているでしょう。ここでいったん間をおいたのにもかかわらず反応がなく、心なしか残念そうに見えました。
どうしてここでブーイングがないのでしょうか。おそらく、話の内容なんて聞いていなかったんだろうな、と思います。


いろいろと気分の悪いことを書きましたが、浦和のブーイングは上記を除いては、そんなに違和感はありませんでした。

他のチームでは、相手チームの選手紹介のあいだじゅうどの選手に対してもずっと同じレベルでブーイングが続いているとか、相手チームに移籍した選手がボールを持つだけでブーイングするとか、「お前はブーイングするためにスタジアムに来ているのか?」としか思えないところもありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーム最終戦

第33節ホーム等々力最終戦、ホーム側選手紹介前に、マイウェイの歌に乗せた煽り映像が流れました。
SGゾーンからは大型ビジョンに直射日光があたって映像は見えにくかったのですが、浦和ゴール裏からはよく見えたのではないでしょうか。上映開始直後は大きかったブーイングもだんだんと静かになり、映像が終わったときにはまたブーイングが大きくなりましたが、心なしかブーイングの声質が変わっていたように思います。


試合終了後、セレモニーが行われ、武田社長、高畠監督、ケンゴキャプテンの挨拶がありました。

武田社長からは、今年はタイトルを狙いながら早い時期にタイトルの夢が消えたことのお詫びがありました。
一方、嬉しいこととして、ワールドカップ南アフリカ大会に川島、ケンゴ、稲本、そしてテセが出場し活躍したこと、ワールドカップ後に川島とテセが欧州移籍したこと、先日のアジア大会でU21チームが関塚監督のもとで優勝し、そこにも川崎から安藤、薗田、登里、實藤が活躍したことが紹介されました。また、等々力競技場改築決定もうれしい知らせとして報告がありました。

高畠監督からは、タイトルがとれなかったこと、終盤ホームで勝てなかったことに対するお詫び、高畠監督の大弾幕に対するお礼の言葉がありました。

ケンゴキャプテンからも、ホームで勝てないことのお詫びとともに、暑い日も寒い日も雪の日も台風の日も等々力に駆けつけて応援してくれたサポータへのお礼の言葉がありました。


今シーズンの結果や試合内容についてはいろいろ不満もありますが、挨拶を聞いて、来シーズンもまた応援していこうという気持ちが強まりました。もうシーズンチケットも買ってありますしね。

今シーズンの結果が期待外れとはいっても、降格が決定した湘南と京都、過酷な残留争いの渦中にいるFC東京と神戸、残留力などと揶揄されながらも踏ん張っている山形・大宮・仙台、さらには、J2残留が決定してしまった千葉などに比べれば、私たちは楽しいシーズンを過ごさせてもらったと思います。

もちろん、上に挙げたチームの選手・ファン・サポータを見下すようなつもりではありません。
川崎もかつて降格や、勝ち点1差で昇格を逃がした経験をしています。そんな時でもチームを見放さず、あきらめず、暖かく時には厳しく、応援し続けるということは素晴らしいことだと思います。

来週のアウェイ仙台戦の遠征予定がないため、自分にとっての生観戦シーズンがもう終了してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27

二階で跳ねるな

レッズサポーターが等々力ゴール裏二階席で跳ねてるけど、そこは飛び跳ねはもちろん、立ち上がっての応援も禁止の場所だよ。

サポーターグループのリーダーやクラブのスタッフも来てるだろうに、相手チームのスタジアムルールも守れない(守らせることができない)のに、ビッグクラブを名乗るなんておかしいんじゃね。

PS. 炎上上等、って思ってますが、こんな場末のブログをみる人は少ないでしょうから、炎上なんてしないでしょうね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーム最終戦 第33節 浦和戦プレビュー

ヴィトールがカード累積で出場停止。最近調子が良かっただけにちょっと痛いですが、出場できる選手の奮闘に期待しましょう。

   ジュニ 矢島
ケンゴ       楠神
   谷口   稲本
小宮山       宏樹
   菊地   井川
      相澤

サブ:GK杉山、DF周平、吉田、MF横山、木村、FW黒津、小林

ヴィトールの位置に誰を入れるかがポイントです。登里はU21から帰ってきたばかりで疲労がたまっているだろうし、選択肢としては木村か、あるいは黒津をSHとして起用というのもありそうですが、谷口をボランチにいれてケンゴをSHに上げてみました。
よりゴールに近い位置からケンゴにキラーパスを出してもらう狙いです。

稲本の具合がわかりませんが、前節休んだのは残り2試合にベスト(に近い)コンディションで出場するため、と前向きに解釈しました。ケンゴが出場停止だった多摩川クラシコで、稲本と谷口のダブルボランチコンビが結構よかったと思います。

ACL出場権には自力で手が届きませんが、ひとつでも順位を上げるためには、まず勝つこと、そしてできれば得失点差を稼いでおきたいところです。3-0の勝利と予想(ではなく願望)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/24

11月23日

フロンターレが等々力でまた負けて順位を6位に落としたわけですが、悪いことばかりではありません。
32節終了時点で、今年のリーグ戦9位以内を確定し、J1 18チーム中の上位半分に入りました。パチパチ

他のチームを見てみると、山形が2年連続のJ1残留を確定しました。15位FC東京との勝ち点差が5ですから、昨年の15位を上回る最終順位の可能性も高いです。

J2では、柏の優勝決定、福岡のJ1昇格と千葉のJ2残留も決定しました。

千葉市民としては、千葉がJ1昇格(復帰)できなかったのは残念です。K'sスタで負けた時に、近くの千葉サポが「来年もここにくるのかな」という言葉が真実になってしまいました。

こういうのを言霊というのでしょうか。
自分はどんなに苦しい時があっても、言葉だけでも明るく、前向きにいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

等々力で勝てない

シーズン後半に入ってから、ホーム等々力で勝てなくなってしまいましたねぇ。
選手たちも、サポータの声援に応えなくてはというきもちが、逆に力みすぎになったりしてるんでしょうか。

個人的には、リーグ戦第26節 山形戦と、天皇杯3回戦 横浜FC戦を見ていないので、等々力での勝利は9月5日の天皇杯2回戦 鹿屋体育大学戦まで遡ります。2ケ月半前かよorz

土曜日は等々力最終戦、有終の美を飾ってくださいよ。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

第32節 C大阪戦プレビュー

ケンゴが出場停止から戻ってくるのと入れ代わりに井川が出場停止。
中2日の連戦で、みんな疲労が蓄積していると思いますが、まずは4位に順位を上げるために、C大阪戦にもなにがなんでも勝ちましょう。

では、スタメン妄想。

  ジュニ 矢島
ヴィト      楠神
  稲本 ケンゴ
小宮山     宏樹
  菊地  周平
    相澤

サブ:GK杉山、DF佐原、MF横山、谷口、木村、FW黒津、小林

続いて、試合状況妄想。

20分、ヴィトールのドリブルから矢島へ、矢島のシュートの跳ね返りを楠神が押し込んで先制。
60分、楠神→黒津、黒津はそのままSHへ。
65分、ケンゴのスルーパスに黒津ロケットで追加点。
75分、稲本→谷口、谷口はボランチの位置へ。
85分、小宮山の左サイドドリブル突破から中央の谷口へ、ワンタッチではたいたボールをヴィトールがDFの裏にフワリと出す。ジュニーニョが絶妙のトラップからGKとの1対1をきっちり決めて、試合を決定付ける3点目。
86分、ヴィトール→佐原。周平をアンカーにおいた3ボランチに3トップ。一見攻撃的にみえて実は前線がボールを保持する逃げきり体制に。
ロスタイム3分もしっかりと時間を使いきって3-0の勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/21

多摩川クラシコ戦(アウェイ)

記憶に残っているところを簡単に箇条書きで。

前座試合の"コ"ラシコも勝利

アウェイ川崎側の選手紹介も写真入り(クラシコ限定?)
佐原の選手紹介にFC東京側からも拍手
観客がほとんど日本人なのに、選手紹介がみんな英語でウザイ
英語でしゃべれば都会的とか思ってるのか

平山と井川のドツキ合い(ちょっとビビった)

ヴィトールのドリブル突進(何度もあった)
矢島の先制ゴールは身体の強さが出てた
ジュニーニョのゴール(J1通算100ゴール)はDF森重のミス
黒津は迷いがなくて良かった

交代枠3枚のうち2枚がCBってどうよ
次節、井川が出場停止
周平さんが怪我から戻ってきててよかった

ロスタイムのパワープレイでGK権田が上がりっぱなしに萌えた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュニーニョJ1通算100ゴール

ゴール横においてあった10番の弾幕を自ら持ってゴール裏へ。
遅延行為でカードがでるんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

第31節 FC東京戦プレビュー

天皇杯 山形戦は映像を見ていないのでここでは触れません。
勝ってたら見てなくても書くんですけどねorz

さて、明日はもう多摩川クラシコ アウェイ戦です。いつものようにスタメン予想行ってみます。

勇介が怪我、矢島もケガ(プレーには影響ないらしい)、田坂も怪我、ケンゴが出場停止ということで、右SBと右SH、ボランチをどうするかですがポイントです。

   ジュニ 小林
ヴィト        楠神
   稲本  谷口
小宮山       宏樹
   菊地  佐原
     相澤

サブ:GK杉山、DF周平、井川、吉田、MF横山、木村、FW矢島

ポイントは右SBに宏樹、CBに佐原としたところです。佐原は多摩川クラシコ無敗という実績を持っているらしいので、井川、周平ではなく佐原を先発におきました。

ケンゴの代わりのボランチは谷口先発。谷口以外でボランチができるのが(やったことがあるのが)、あとは横山と周平しかいませんし、谷口は天皇杯 山形戦での悔しさを晴らしたいでしょう。そもそも谷口って途中出場よりは先発のほうが向いているような気がします。

SBの控えとして吉田を入れました。SBができるのが、井川くらいしかいなくって、あとは楠神を下げるとか。

FWの控えは怪我のアナウンスがあった矢島。最近、黒津がベンチにも入っていなくて、オフィシャルサイトでアナウンスはありませんがなにか軽い怪我でもしているのかなと。それなら、オフィシャルでわざわざ「プレーには影響がない」と書かれている矢島をチョイスしました。

FC東京も残留を目指して死に物狂いでやってくると思いますが、こちらはここで負けるとそのままズルズルと中位以下に落ちてしまいそうなので、こっちも死に物狂いでやっていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右回りと左回り

しばらく前に、ビッグエンディアンとリトルエンディアンという記事で、「数学に関する長い歴史のなかで培われてきたちょっとした不整合」ということを書きました。同じような事例が、角度や方向の表現についてもあります。

日常生活で角度や方向について表現する場合、上方または前方をゼロとして、右回り(時計回り)に何度ということが多いように思います。ゼロ点は時計の0時(12時)方向にあり、単位はほとんどの場合、度(°)で表現しているようです。

一方、複素数平面上で角座標(でいいのかな?)表現をする場合には、X軸(実数軸)の正方向を右側に書き、この方向をゼロとして、反時計回り(左回り)に、ラディアン(rad)を単位として表現します。
学校で三角関数でsin,cos,tanを習い始めるときも、ゼロの位置と方向はこの方式ですね。単位は度(°)ですが。

右回りと左回り、ゼロの位置が上か右か、という違いがあり、ふとしたときに間違いや混乱の元となっているように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

GK相澤 ハーフタイムで交代

って何があったのか、聞きたいけど聞くのが怖い・・・
GK交代のせいとは思いたくないが、逆転の失点はDFとGKが交錯してしまったもの。もったいなかったな。

山形がC大阪相手に1点リード(後半30分頃)と頑張ってくれているので、もしかしたら順位落ちずにすむかも。
あ、追いつかれた。残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フロンパーク

さっき流れていた曲

負けないで
もう少し
最後まで
走り抜けて

いい選曲だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

第30節 鹿島戦プレビュー

小宮山が累積で出場停止、田坂が怪我ということで、メンバー妄想も膨らみます。

  ジュニ 矢島
ヴィト      楠神
  稲本 ケンゴ
勇介      宏樹
   井川 菊地
     相澤

サブ:GK杉山、DF吉田、MF横山、谷口、木村、FW黒津、小林

小宮山のいない左SBには勇介を廻し、右SBに宏樹、CBには井川が先発復帰。
怪我の田坂の代わって右SHに楠神。
ジュニと矢島の2トップ。黒津は先発よりも途中出場のほうが悩まずにプレーできているような気がします。

試合結果は3-0で勝利を期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡ちゃん(レフェリー)引退

引き際見誤った!?岡田主審ようやく引退 疑惑のジャッジ連発…

岡ちゃんの実績の数々

05年J1開幕節(横浜-磐田)でMF福西のハンドを見逃し
08年J1第13節(浦和-G大阪)ではサポーター同士の暴動のきっかけとなる判定
09年J1第25節(鹿島-川崎)では雷雨ではない大雨の状況で後半29分に主審権限で試合を中止
10年J1第27節(大宮-川崎)で「向こうのシュートは多分1本入っていたし、うちも2本はPKがあった(by稲本)」

川崎サポ的には、せめてあと2年早く引退して欲しかったと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/07

無線LANアクセスポイント買い換え

これまで使っていた無線LANルータ(ルータ機能は使っていないので実質アクセスポンイント)はIEEE802.11b/g対応の54mbps対応のものですが、たまに無線ではうまくつながらないことがあるようになってきました。そういう時は無線LAN親機をリセットすると復活するのですが、最近その頻度が高くなってきました。

年賀状に備えてプリンタを買い換えにいったついでに、11n対応で300Mbps、さらに、LAN側のポートがすべてGigabit対応というBUFFALOのやつが8000円弱でセールをしていたので、ついつい買い換えてしまいました。

8ポートのGigabit HUBだけでも5000円くらいしますから、11n対応の無線LAN機能が3000円と思えば安いでしょう。

ようやくさっき設定が終わったところです。BUFFALOは簡単設定ユーティリティが充実しているのですが、自分のように既存の無線LAN APと置き換えるような場合には、却って設定方法がよくわからなくて困ったりします。いろいろと試行錯誤しながらなんとか設定は終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小宮山の連続出場記録が

第29節京都戦で、1ゴール、1アシスト、1イエロー(^^ゞと大活躍の小宮山ですが、もらったイエローカードが累積4枚目となり、次節は出場停止となってしまいました。
小宮山はこれまでリーグ戦全試合の全時間にフル出場していましたが、残念ながらその記録が途切れてしまいました。出場停止のため、全試合出場も全試合メンバー入りもありません。残念ですね。本人が一番悔しいでしょうが。

次節の鹿島戦は出られませんが、その後も天皇杯4回戦の山形戦、リーグ戦は多摩川クラシコFC東京戦、C大阪戦、浦和戦、最終節仙台戦と続きますので、しっかりと身体を休める機会と思って、次からの活躍を期待しましょう。


小宮山に続く記録が、リーグ戦全試合出場の黒津、リーグ戦全試合メンバー入りの宏樹と横山。
黒津も横山も累積3枚なので、記録を伸ばすためにはカードをもらわないことが大前提になります。
宏樹は累積2枚なので、一発レッドとか怪我に気をつければ記録達成の可能性は大きいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

第29節 京都戦は辛勝? それとも快勝?

モバフロの速報メールと、J's Goalの得点速報を見ていただけですが、75分からの得点経過を見ているだけでも喜んだり悲鳴をあげたりと、すっかり疲れました。終わってしまえば心地よい疲れですが。

西京極まで遠征されたみなさんは、さぞかしジェットコースターに乗っているような気持ちになられたのではないかと思います。応援ありがとうございました。


残留争いは、神戸が勝って、FC東京が引き分けで勝ち点が並びました。
大宮は1試合少ないとはいえ、今日まけてたら暫定16位、引き分けても勝ち点で神戸、FC東京と並んでしまうところを山形に勝利。さすがの残留力。
今日負けた山形と仙台も結構お尻に火がついてきてしまいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »