« ひかり電話アダプタ交換 | トップページ | タラ・レバ(2010川崎フロンターレ) »

2010/12/19

タラ・レバ

ソツキ・ペディアより引用

--------

タラ・レバとは、真鱈のレバーすなわち肝臓のことであり、食通またはグルメと呼ばれる人種からこよなく愛好されている食材のひとつである。アンキモの愛称(略称)で食通・グルメに愛されている鮟鱇(アンコウ)の肝臓(キモ)はよく知られているが、同様に白身魚で成長すると1mにもなる真鱈の肝臓もまた同様に美味である。
タラのじゃっぱ汁に入れるとコクがでて非常に美味であり、真鱈の水揚げが多い青森県八戸地方では特に好まれている。

アンキモに倣えば、タラキモと呼ばれてもおかしくないところであるが、「タラキモ」という言葉の語感がよろしくなかったせいか、タラキモではなくタラレバと呼ばれるようになったといわれている。[要出典]

世の中では、タラ・レバのことを「~だっタラ、~していタラ、ああしていレバ、こうしていレバ」を略した、言っても詮ない繰り言のように解釈されているが、その語源は、鱈の肝の美味しさを知らずに捨ててしまい、あとからその美味しさを他人から教えられた人が、「鱈の肝の美味しさを知っていタラ、鱈の肝を食べていレバ」と嘆いたことが起源である。[要出典]

なお、レバはご存じのとおりLiverに由来しており、タラ・レバと呼ばれるようになったのは英単語が日本語に広く取り込まれるようになった近年のことと考えられる。

----------

2010年シーズンのタラレバを書こうと思っていたら、酔っていたせいか気がついたらなぜかこんな文章になっていました。

|

« ひかり電話アダプタ交換 | トップページ | タラ・レバ(2010川崎フロンターレ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/50344900

この記事へのトラックバック一覧です: タラ・レバ:

« ひかり電話アダプタ交換 | トップページ | タラ・レバ(2010川崎フロンターレ) »