« 日本平 初勝利 | トップページ | Acer ICONIA TAB A500 »

2011/06/26

記憶に残る一戦 (第18節 鹿島戦)

カシマは今年もやっぱり寒かったですが、試合内容は熱かったです。

一人少なくなって、審判も鹿島寄りで(こっちの偏見かも知れませんが)、それでも諦めずに耐えて、攻めて、2点差を追いつきました。勝ちに等しい引き分けです。試合終了のホイッスルを聞いて、隣の人と握手してしまいました。これだからフロンターレはやめられません。

オフサイドとして取り消されたゴールは、副審はフラッグを上げていましたっけ? 自分は現地にいても、ゴールに目が釘付けになっていたので確認していません。フラッグを上げていたなら、ゴール取り消しもしかたないと思いますが、上げてなかったなら「疑惑のゴール」として認められたまま、というのがこれまでの慣例だったのではないでしょうか。

まぁもっとも、あの時間帯に同点になっていたら鹿島側のスイッチが入って再度勝ち越されていたかもしれませんが。


大宮NACK5での5-0の大量得点勝利、日本平アウスタで10人での2-2からの勝ち越し、カシマでの10人での0-2からの同点劇を全て観た人は神(勝利の女神さま)かもしれませんね。

|

« 日本平 初勝利 | トップページ | Acer ICONIA TAB A500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/52043810

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶に残る一戦 (第18節 鹿島戦):

« 日本平 初勝利 | トップページ | Acer ICONIA TAB A500 »