« 空気の読めないフロンターレと、もう一人 | トップページ | VirtualBoxのゲストOS »

2014/07/20

清水エスパルス戦遠征記

朝8時に千葉の自宅をクルマで出発。都内を抜けるのに時間が掛かって、海老名サービスエリアに着いたのが10時過ぎ。トイレ休憩のあとは順調に流れて、12時過ぎにエスパルスドリームプラザの立体駐車場に到着。駐車料金は本来は1時間200円ですが、インフォメーションセンターで駐車券とサッカー観戦チケットを見せると上限800円になります。

お昼ごはんはドリームブラザ内の寿司横丁でお寿司ランチ。ちょっと待ちましたが、待った甲斐があるおいしさでした。
ドリームプラザ内でお土産を買ったりして時間を潰して、15時過ぎにシャトルバスでスタジアムへ。料金は往復で500円。バス乗り場の近くで係員の方がいますので先に買っておくと便利です。


この日は雨が振ったりやんだりで、途中雷が鳴ったりもしていましたが、私がスタジアムに着いたころは雨は止んだり小降りで富士山もちょっとだけ見えました。
コンコースをぐるっとスタグルを物色しますが、お昼に食べたお寿司がまだお腹に残っていて、なかなか食欲が沸きません。桜海老かきあげ丼を買っておいて、もう少し後に食べることにしました。売り切れてしまうと後悔しそうなので。
かきあげ丼は選手アップ前の17時くらいに食べちゃいました。おいしかったです。もうちょっとタレを多めに掛けてもらえると自分的には嬉しいかな。

アウェイゴール裏コンコースのフロンターレくじ引きコーナーで、カランカランと威勢のよい鐘の音がするので見てみると、エスパルスのレプユニを着たカップルの彼氏のほうが、なんと一等賞のケンゴサイン入りアウェイユニフォームを当てていました。周囲にいたフロンタサポたちからの拍手とともに、いま着ろ、ここで着ろの声に応えて、エスパルスユニの上からフロンターレユニをきてくれたお兄さん。いい人です。
彼女のほうも三等賞の武田社長のブラジルW杯土産を当てていて、うらやましいカップルでした。
これからは二人でフロンターレも応援してくださいね。
↓の写真の左側の彼氏のきているのが一等賞のユニです。

Img_0374s


今回は雨の天気予報もあったので、200円だけ奮発して1階自由席を買いました。高さがないのでピッチ全体は見づらいかなと思っていましたが、1階席後部からなら結構よく見えました。さすがに反対側ゴール前でのオフサイドとかは全然分かりませんが。
1階席の中央付近に場所をとりましたが、本当にゴールの真後ろでシュート練習のボールが飛び込んできます。気をつけていないといけません。試合中は、近いサイドに攻め込んでいる時は、選手のオフ・ザ・ボール動きを見ようなどとは考えず、ひたすらボールウォッチャーになっていないと危険です。

ゴール裏1階席はピッチに近くて本当に迫力があります。肉眼で選手の表情まで見えます。
後半開始直後に大久保がゴールを決められなかった時の悔しそうな表情も、小林と大久保がゴールを決めた時の嬉しそうな表情も、本当に間近に見られました。

Img_0623s


試合内容は前半はダメで、後半になると良くなるという、(見ていませんが)C大阪戦と同じような展開でした。特に前半はケンゴのパスミスが多くて大丈夫かなと思っていましたが、選手コメントや清水サポータのブログ等を見ると、前半は清水の選手がそうとう厳しく守備にきていたようで、その代償として後半は清水の選手の足が止まってしまったようです。

先制点の直前のフロンターレのパスまわしも、目の前で見ていた自分には「なんで早くシュート打たないんだ」と思っていたのですが、清水側からは、いいようにフロンターレにパスを回されていたと見えたようですね。

二点目も、(前述のように)自分はボールウォッチャーになっていたため、気がついたら大久保が跳ね返りボールを押し込んでいました。いつもこぼれ球に備えて詰めている大久保らしいゴールだと思います。決してゴッツァンゴールではなく、偶然ではなくて努力の結果の必然ですね。さすがです。


試合終了後の相澤選手の悔しそうな後ろ姿。GKだけの責任ではありませんが、古巣には活躍する姿を見せたかったでしょうね。

Img_0676s


帰り道の富士川SAには水色のフロンターレユニの人がたくさんいましたね。
みなさん表情がニコヤカでした。

|

« 空気の読めないフロンターレと、もう一人 | トップページ | VirtualBoxのゲストOS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/60012791

この記事へのトラックバック一覧です: 清水エスパルス戦遠征記:

« 空気の読めないフロンターレと、もう一人 | トップページ | VirtualBoxのゲストOS »