« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年8月

2014/08/17

TV録画を見て

NHK-BS1の中継放送を録画してあったのを見てみると、昨夜スタジアムで感じたのとはちょっと印象が違いました。後半もフロンターレがまったくダメだったわけではなく、いい時間帯もあれば、悪い時間帯もあったということです。

おそらく、フロンターレもセレッソもどちらも特に深く応援しているというわけではないサッカーファン、Jリーグファンの方が見ると面白いゲームだったのではないでしょうか。もちろん、目の肥えた方にとっては両方のチームともにいろいろと問題点が目についたりもするかもしれませんが。

サッカーは現地で見て雰囲気を味わい、TV録画をじっくり見てオフザボールの動きを確かめたりして、二度楽しむのがいいですね。ただ、我が家はスカパーに入っていないので、たまにしか二度目の楽しみをできないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「撃ち合い上等」はもういらない

たくさんのゴールがあって勝ち点3はゲットしたのですが、爽快というゲームではありませんでした。変な疲れが残りました。

NHKのJリーグタイムでは、見てて面白いゲームというようなことを言っていましたが、どっちのチームにも思い入れが深すぎずに客観的に見られれば面白いだろうなとは思いますが。

でも、昔のフロンターレってこんなゲームが多かったんですよね。得点も多いけど失点も多い。前半と後半で別の顔を見せる。

でも、3-4で負けた大宮戦に比べれば上出来と思いましょう。


試合前、バックスタンド側に虹がかかりました。前節の浦和戦でも虹がかかっていたようです。逆転勝ちのフラグでしょうか。

Img_2224s


結果的に決勝ゴールになった小林のゴールの直前の場面。娘さんが誕生したばかりの實藤がニアで競ったこぼれ球を小林が蹴り込みました。
實藤は自分で決めたかったでしょうけど、結果的に決勝ゴールに絡んだのだから良かったですよね。アシストは付かないのかな。

Img_2383s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/10

U-18から昇格決定

U-18の板倉選手と三好選手の来期トップチームへの昇格が発表されました。

http://www.frontale.co.jp/info/2014/0809_2.html
http://www.frontale.co.jp/info/2014/0809_1.html

今年入団の可児選手もユース出身ですが、可児選手は大学経由ですので、ユースから直接昇格というとGKの安藤選手以来じゃないですかね。その前になると都倉選手かな。

二人はU-12の一期生と二期生だそうで、アカデミーの充実も着実に進んできているようです。これからもまた楽しみが増えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レナト復活とカブの日

レナトが久々のスタメン。
同点ゴールはポストの跳ね返りを押し込んだ、ゴッツァンっぽいとも言えますが、大久保の場合と同じで、跳ね返りがくるかも知れないといつも準備しているからこそのゴールですね。

大久保の逆転ゴールもレナトのドリブルでの持ち上がりから始まったものですし、他にも何度も左サイドをドリブルで蹂躙していました。あと2点くらいは獲れたんじゃないかと欲張ってみたい気持ちもあります。


さて、このゲームはカブの日としてピーカブー(仮)の新しい名前の発表とか、レーシングバイク(と白バイも)が等々力のトラックを走ったりとか、いつもの等々力らしい盛りだくさんの日でした。浦和の皆さんにも試合結果以外でお楽しみいただけたでしょうか。

Img_1744s

Img_1862s


ところで、浦和サイドのゴール裏には一枚もダンマクがなかったのですが、なにがあったのでしょう。いつもと同じように普通に応援していたので、クラブへの抗議とかではないと思うのですが。

Img_1659s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/03

VirtualBox上のゲストOS群(追加)

調子に乗って、またまたいくつか追加でインストールしました。

[Haiku]
BeOSを再現することを目指しているプロジェクト。
以前、VMwarePlayerにインストールしたことはありましたが、今回は簡便に、仮想マシンイメージファイルをVirtualBoxにマウント(でいいのかな?)しただけ。
マウスもスルスルと動きますので、GuestAdditions相当のパッチが当たっているのかもしれません。
アプリがないので、きっとこのまま放置プレイの予感。

Haiku


[WindowsXP]
以前のPCで使っていたWindowsXPのCD-ROMメディアとラインセンスキーが余っていたのでインストールしてみました。
Windows95用のWindowsUpdateのサイトが削除されているみたいなので、こちらもこのまま放置プレイの予定。


[Android4.4 RC1]
X86向けのAndroidもあります。
こちらのサイト(http://www.mixp.net/google/525)を参考にさせていただきました。こちらもインストールしただけで放置予定。
起動時のメッセージを見ていると、AndroidってLinuxなんだ、とあらためて思いますね。

Android用のGuestAdditionsがないのでマウスの動きがちょっと引っ掛かる感じがします。
有ったとしても、root権限のとれないAndroidでどうやってGuestAdditionsをインストールするんだという問題がありそうですが。

Android_2

AndroidをVirtualBoxにインストールしてみて改めて感じましたけど、あのUIはタッチ操作が前提になっているもので、マウス操作には向いていませんね。

Windows8が使いにくいという声があるのも同じような理由で、あのタイルパネルのインターフェースをマウスで使おうとするからじゃないですかね。私はデスクトップを主体に使っていますので、Windows7との細かな違いで最初は戸惑いましたがいまはもう慣れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4試合で4失点は悪くないんじゃないか

ここ直近の3試合が完封だったのですが、フロンターレの芸風からするとちょっと異常というか、喜び方がわからないサポータも多いと思います。

今日の失点は、完封勝ち3試合分の平均失点1.0の借りを払っただけ考えることにします。もし本当に毎試合1失点ずつだったとすると、鳥栖戦と新潟戦は引き分けで勝ち点-4、今日の柏戦も引き分けで勝ち点+1、差し引き勝ち点-3になってしまいますから、逆に考えればこの4試合で勝ち点3をうまく稼いだとも言えますね。positive thinkingでいきましょう。


柏は本当にピッチが近いですね。ビジター指定席からだと96mmの焦点距離(フルサイズ換算155mmくらい)でこの大きさに写ります。

Img_1625s


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/08/02

VirtualBoxのゲストOS達

いろいろとインストールしてきたら、こんなになりました。

Virtualbox

7個のゲストOSがインストールされています。
ホストマシンのメモリを8GBしか積んでいないので、同時には二つくらいしか立ち上げられませんが。

特に使う用途があるわけじゃないので、完全に趣味の世界ですね。一応、なにかの時に、検証用とか使えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親指シフト on Solaris11 on VirtualBox

Solaris11には、IBus-Anthyがあらかじめインストールされていました。

Anthy設定で親指シフト入力を選択したのですが、どうもうまく親指シフト入力ができません。変換キーを親指(右)キーに設定しているのですが、右親指同時打鍵をすると英字入力モードに戻ってしまっているような感じです。同時打鍵判定時間がうまくないのかなと思ったのですが、同時打鍵タイミングを調整するような設定項目が見つかりません。

いろいろと試行錯誤した結果、Anthyの設定ではなくIBusの設定画面で、「一般」タブ→「キーボードショートカット」→「切り換え」用キーから「Henkan_Mode」を削除することで、私の希望に近い入力ができるようになりました。

それにしても、Solarisでも親指シフト入力ができるなんて素晴らしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Solaris11 on VirtualBox

先日インストールしたSolarisが10だったので、新たにSolaris11をインストールしてみました。
Solaris11のインストール方法はいくつかありますが、Oracle Solaris 11.2 Automated Installer Boot Imageではうまくインストールできず(理由は不明です。一回しか試していませんし)、Oracle Solaris 11.2 Live Mediaからインストールする方法でインストールできました。

インストール直後はGUIが遅くて使い物になりませんが、GuestAdditionsを追加インストールすることで解消されます。
ただ、GuestAdditionsのインストール方法が、他のゲストOSのようにインストーラが準備されているわけではなく、*.pkgファイルが置いてあるだけなので、pkgaddコマンドを使ってインストールする必要があります。
当然、その際にはroot権限が必要です。Live Mediaからのインストール時には、rootのパスワード設定は明示的にはしていませんので、rootのパスワード設定も必要でした。なにか方法はあるのかも知れませんが。

ちょっとだけ使ってみての印象は、起動にすごく時間がかかります。起動中に画面に進行メッセージがあまり表示されないせいかも知れません。
Solaris10と比べるとWindowManagerがGNOMEに変わったこともあり、印象がずいぶんと違います。また、あらかじめインストールされているアプリケーションはだいぶん少なくなっています。Solaris10にはOpenOfficeが入っていたりゲームが入っていたりしたのですが、Solaris11ではこれらのアプリケーションはデフォルトでは入っていませんでした。パッケージマネージャがあるので追加インストールは簡単だとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »