« KAWASAKI まる子? | トップページ | 恩返しアシスト 第16節 vs松本山雅戦 »

2015/06/08

等々力劇場 第15節 vs湘南戦

ロスタイム4分ももう終わる頃、エウシーニョのゴラッソのゴールが決まって、久々の等々力劇場の開幕。

Img_2910s


ケンゴ投入直前、湘南のカウンターからのミドルシュートがクロスバーに弾かれてノーゴールだったのは助かりました。
現地でみていても、あとで録画を見直しても、入っているともいないとも言えそうな、入っていたと判定されても文句言えない微妙なボールでした。ビデオ判定が採用されたとしても、あのゴールの判定は難しかったんじゃないでしょうか。

湘南の曺監督も試合後に悔しさを押し殺したコメントを残しています。

「もし僕がこの試合を文章に残せと言われたら、我々に勝点3をもたらしてくれない何か、見えないものも含めて、その力も自分にないなと思っているし、我々が2-0に実際やったことが、1-0のままで追いつかれて、という現実が、現実じゃなく夢なのかなと思っている自分もいるし。でも、夢じゃなくて現実だと思っている自分もいるし。ゴールが入ったか、入ってないかで今年はすごくもめますが、指導者として監督としてそれが実力だと言われればそれまでだと思います。でも今の僕の気持ちは、それが彼らの実力だというふうに切り捨てるのはなかなかできないです。」

ただ、あの判定は主審も副審も責められないでしょうね。主審の位置からは奥行き方向の正確な判断はできませんし、副審もあのゴールを判断しようとすると、ゴールラインよりも後ろの位置まで移動しないと分かりませんから。
曺監督の言うように、主審・副審にたいしてではなくて、仕組みとしてどうするかですね。

「ヨーロッパなら、今、ゴールの横にアシスタントレフェリーが4人制でやっていますが、日本は採用しない。結果的に言えばそういった制度があれば解決する場面は、これは我々の試合だけでなく、今シーズンたくさんあったのかなという気がしますが、別に全世界そのルールを採用しているというわけではないので。ただ、入ったか入ってないかのところで言うと、ボールのスピードは当たり前ですが、人間が走るよりも早いので、見きれないところがあるのであれば、その前提があるとしたらもう一度振り返って、入ったのか入ってないのかを検証するような時間があってもいいのかなというふうには個人的には思います。ようはオフサイドラインについているレフェリーがシュートを打たれて入ったか、入ってないのかを見きれない。」


Img_2047s

|

« KAWASAKI まる子? | トップページ | 恩返しアシスト 第16節 vs松本山雅戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71551/61714082

この記事へのトラックバック一覧です: 等々力劇場 第15節 vs湘南戦:

« KAWASAKI まる子? | トップページ | 恩返しアシスト 第16節 vs松本山雅戦 »