« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/28

命令セットアーキテクチャを考える(番外編) IA-64私的考察

ARMなど一部のアーキテクチャでは条件付き命令というものがあります。コンディションフラグの内容によって、命令実行されたり実行されなかったり(NOP相当)するもので、うまく使うと条件付き分岐命令を使う場合と比べてパイプラインの乱れが少なくて実行効率が上がることが期待できます。

いろんなアーキテクチャを調べていて、IA-64(Itanium)にはもっと大胆な条件付き命令があることを知りました。
条件付き命令がある、というよりもほとんどすべての命令が条件付きになっています。また、コンディションフラグ(IA-64ではPredicate Registerといいます)も64個もあり、どのフラグを使うかを命令コード中で指定できます。このアーキテクチャは、机上で検討するだけだと非常に良いものに思えます。


良いアーキテクチャに思えるIA-64は、プロセッサービジネスとしては失敗作とされています。その理由を素人なりに考えてみました。

まず、IA-64は128bitのbundleと呼ばれる単位に3命令が格納されるVLIW(Very Long Instruction Word)アーキテクチャとなっています。普通のRISCアーキテクチャは32bitで1命令が多いので、それに比べるとバイナリコードでの命令密度が3/4しかありません。これが実行速度があがらなかった一つの要因ではないかと思います。

128bitに3命令しか入らない理由として、汎用レジスタが128本もあり、レジスタ指定ビット数が7bit必要になることがあげられます。普通のRISCアーキテクチャでは汎用レジスタは32本(5bit指定)のことが多く、3オペランド命令では2bit×3 = 6bit多く必要になります。また、64本のPredicate Registerの指定にも6bit必要になり、合計12bit余分に必要になります。
32bitから41bitと、9bitしか増えていないので、命令コード部分で3bit節約していることになり、頑張っているとも言えます。

1命令は41bitで構成されており、128bit - 41bit×3 = 5bitは、templateといって、1bundle内の3命令のパターンを
示します。そうすることで、ハードウェアでの実行スケジューリングはtempalteを見ることで簡単になるように考えられています。その分、コンパイラには高度なスケジューリング機能が求められます。Itanium出荷直後はコンパイラによるチューニング機能が十分ではなかったことも、性能面での不利になったのではないかと思います。


以上のような技術的な要因だけでなく、IA-64のビジネス的失敗の最大の原因はIA-32互換機能にあったんじゃないかなと思っています。

IntelとしてはIA-32のソフトウェア資産を捨て去るという勇気はなかったのでしょうが、IA-32とIA-64はアーキテクチャ的に共通部分がほとんどありません。中途半端にIA-32互換機能をもたせようとしたために出荷時期が遅れ、IA-32互換機能は性能が出ずに期待を裏切り、また、トランジスタ数の増加はチップ面積も大きくなって製造歩留りも落としてしまったはずです。

IA-32との互換性を捨ててまで理想とするアーキテクチャを追い求めたIA-64だからこそ、思い切ってIA-32互換機能を切り捨てるという勇断が必要だったのではないでしょうか。

条件付き命令をほとんどすべての命令で実現するという大胆なアーキテクチャを知るにつれて、このアーキテクチャが花開かなかったことが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hello win トドロキ劇「城」 vsイニエスタ神戸(後編)

後半です。

マナブの同点ゴール。フロンターレでのリーグ戦初ゴールです。
Img_0366sImg_0371s

僚太の逆転ゴール。痺れるようなパス廻しでした。
Img_0386sゴールした僚太が囲まれ過ぎてて写っていません。

ダメ押し、エウソンの5点目。エウソンはオウンゴールの失点を自分で取り戻しました。
Img_0414sこれで勝利を確信しました。

話題のイニエスタの写真がなかったので、長老と竜也との一枚を。
Img_0474s_2

Happy Hello Win
Img_0520sDJ KOOさんと長老と

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/21

hello win トドロキ劇「城」 vsイニエスタ神戸(前編)

ど突かれたらど突きかえす、殴られたら殴り返す(あくまでもサッカーのことですよ)
バタバタ手作り感あふれるハーフタイムショー
など、往年のフロンターレを彷彿とさせました。

仮装した選手の肖像写真
Img_0176sImg_0179s

トドロキキョウギ城に迫りくる暗雲
Img_0185sImg_0188s

あっという間に土砂降りに襲われたトドロキキョウギ城
Img_0189sImg_0191s

この日最初の大歓声が沸き上がった悠さまのPK。
まるで勝利を決めた決勝ゴールのような盛り上がりでした。
Img_0283s鬼木監督は「アキが蹴ってもいいよ」と言っていたのを、家長が悠に蹴れと言ったそうですね。
プレイがエロイ(セクシー)なだけじゃなくて、ピッチ上の選手達の精神的な支柱にもなっています。
スクッと立つ家長センパイ、後ろ姿もエロイですね。

ハーフタイムには、フロン「ターレ」がトドロキキョウギ城のトラックを走行しました。
Img_0315s荷台にはDJ KOOさん、運転しているのは仮装した休日の私服の田坂漁労長です(嘘)。

後半は別記事に続く(かもしれません)。






頭の中をこんな歌がグルグル廻っています。

イニエスタ セニョール♪ イニエスタ セニョリータ♫
酔いしれ~ぇてみたいのよぉ♫  カワサキの勝利♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/07

カシマで暑かったのは初めてかも 第29節 vs鹿島戦@カシマ

アウェイ鹿島戦の遠征記です。

三連休中日の日曜日13時キックオフのゲーム。千葉市内の自宅からは片道75km、いつもなら1時間強程度ですが、今回はやや違いました。

これまでのカシマアウェイは夕方とか19時キックオフのゲームですが、今日は13時キックオフということで、自宅を9時に出発し、10時過ぎにはスタジアム到着の予定でした。東関東道路は「いつもよりもクルマが多いなぁ」と思っていたましたし、潮来出口では1Km程度の渋滞という情報は入っていたのですが、実際には出口3Km前から渋滞で、料金所を出るまで30分以上を要してしまいました。結局、スタジアム入場時には11時を過ぎてしまっていました。三連休の影響なんですかね。

チケットはウェストゾーン(メインスタンド上層)なので、メインスタンドホーム寄りの新日鉄住金ゲートからも入場できるのですが、ちょうどカシマのチームバス入り時間と被ってしまい、階段で鹿島サポータがバス入り待ちをしているところを、身体を小さくしながら入場しました。アウェイ寄りの1番ゲートから入場すれば問題なかったのですが、昨年までだと、もう少し早い時間帯に入場しているため、チームバス到着と被ったことなどありませんでしたので、思い至りませんでした。
カシマサポータのみなさま、すみませんでした。


入場後、席を確保してからさっそくスタグル探訪にでかけたのですが、渋滞に嵌まったことで主に精神的に疲れており、いろいろ探すこともしないで、近くにあった売店の待機列(?)に並んでしまいました。

自分が勝った買ったのは、モツ煮込み(大)\500と、あさりおにぎり\400です。モツ煮込みは定番の美味しさですが、あさりおにぎりはハズレでした。売店を貶めるのが趣旨ではありませんので、詳しくは書きませんが。来年は美味しくなっていることを期待します。自分は「美味しい」という評判を信じられるようになるまでは、あさりおにぎりはおそらく買わないと思いますが。


ゲームのほうは、前半のチャンスを決められなかったのが最後で響きましたね。
というか、後半のカシマの攻勢をよくぞ無失点で凌いだという感じです。守田のカードも阿部ちゃんの2枚目のカードも、「これを抜けられると高確率で失点」というカウンターを止めたカード覚悟のプレーで、フェアプレー精神とかの面ではともかくとして、フロンターレサポ的には「よくぞ止めてくれた」という絶賛もののプレーです。
賛否両論あると思いますので、これ以上は書きません。自粛しておきます。


新しいデジカメでとった写真を追加しました。

Img_0033sImg_0037s

悠さまのPK。
Img_0116s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメEOS 6D Mk2買いました

10年強使っていたEOS 40Dから、EOS 6D Mk2と24-105並レンズのキットに買い換えました。40Dはまだ手許にあるので「買い増し」が正しいですが。

木曜日夜にポチッとし、土曜日お昼頃に郵パックで配達されました。
価格.comでクレジットカード再安値のQoo10でポチってしまいましたが、正直言って不安でした。お店の評価を見てみると、賛否両論というか、「問題ありませんでした」という評価と「もう二度と使いません」という評価が入り交じっています。自分の場合は「問題ありませんでした」となりますが、送ってきた箱が某家電量販店の箱だったりとか、妖しさを感じさせるには事欠きませんでした。クレジットカードの引き落とし完了まで気を緩めずにいきたいと思います。

箱を開けてみた感想ですが、40Dと比べても質感がチープですね。付属のバッテリー充電器もプラスチッキーですし。あと、40Dの時は付いていたマニュアルCD-ROMや各種ケーブル類も添付されていません。


今日はアウェイ鹿島戦のため、とりあえずデフォルト設定のままで、キットレンズと40D時代から使っているSIGMAの100-300 f4通しズームの2本体制で出かけてきました。デーゲームで明るく条件が良かったこともあると思いますが、古いSIGMA100-300 f4ズームでも特にAFが迷うとか遅いということもありませんでした。また、40Dと比べて換算焦点距離が短くなるため、どうかなと思っていましたが、ファインダーを覗いている限りはファインダーで見える範囲が広くなっただけで、望遠が足りないという感じはありませんでした。サッカー専用のカシマスタジアムだからかもしれません。

あとで、駄作を揚げようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »