パソコン・インターネット

2017/05/20

Amazon fire TV

Amazon  fire TV
DAZNをリビングのTVの大画面(と言っても37インチですが)で見たくなり、Amazonでポチッちゃいました。この週末にセットアップしようと思います。

(追記)
セットアップは簡単に完了しました。
一番面倒だったのがテレビ台の裏側の配線作業(と溜まっていた綿埃のお掃除(^^;)でした。

大きな画面で見るDAZNは快適です。これまでパソコンの画面(自宅のデスクトップPCで19インチ)やスマホの画面で見るのとは雰囲気がまったく違います。これならDAZNの月額1890円(税込み)も高く感じないように思います。

Amazon fire TV stickではなくてfire TV にしたのは、こっちのほうがCPUやメモリのスペックが高いことと、有線LAN接続ができることを考慮しました。WiFiよりも有線LANのほうが速度が安定していそうなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/09

Windows10

Windows8.1だった自作PCをWindows10にアップグレードしました。
かなり不安だったのですが、案に相違してあっさりと完了しました。

いくつかアプリを試した範囲では、動かなくなったようなものはないようです。
windows10の新しい機能であるCortanaとかEdgeとかを使っていないので、Windows8.1の時との違いはあまり感じません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/23

TV録画用のHDD

我が家のTVは、USB接続の外付けHDDに録画できる機種ですが、外付けHDDの調子が悪くなってきてしまったので、急遽ヤマダ電機で買ってきて交換しました。これまで録画していたTV番組は初期化して消えてしまいました。

TVを購入した(買い換えた)のが2011年だったので、4年ちょっと経ったことになりますが、その間にHDDは3代目になってしまいました。およそ2年くらいで調子悪くなって交換しています。

録画しているのは、深夜放送のアニメ番組、日中午後に再放送されているドラマ(相棒とか)、土日のサッカー中継が中心です。また時間帯によってはダブル録画しつつ追っかけ再生したりもしていますので、想定されているよりも酷使しているんでしょうか。

そういえば、DVD・HDDレコーダが調子悪いです。そろそろBlueRay・HDDレコーダに買い換えたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/28

WiMAXを解約しました

スマホへの機種変更で高くなった月額費用の対策の二つ目として、WiMAXを解約しました。

これまで、出張やたまの旅行の際にパソコンやタブレットを使うためにWiMAXを契約していました。利用状況を確認すると、多い月でも5GB/月程度でしたので、auスマホのLTEフラット契約(7GB/月を超えると速度制限あり)で賄えそうです。
1月2月と実際にWiMAXを使わずにスマホのテザリングだけで過ごしてみましたが、両月ともデータ通信量は5GB/月程度で納まっていましたので、解約手数料が不要になるタイミングで解約しました。

これで毎月4000円弱の節約になります。au光に変えてスマートバリュー対象にしたのと合わせて、以前並み以下の費用に抑えられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/31

フレッツ光メンバーズクラブから退会できない

フレッツ光からau光に切り換えた後、フレッツ光メンバーズクラブから退会しようとしたのですが、退会もメール配信停止もできません。状況は以下の通りです。

フレッツ光を解約したら、フレッツ光メンバーズクラブは自動的に退会になるのかと思っていましたが、そうではないようです。フレッツ光を解約してから10日くらい経ちますが、まだメールが配信されてきています。

メール配信の停止や退会の手続きはフレッツ光メンバーズクラズの会員用ページから行うようになっています。
一方、フレッツ光メンバーズクラブのメンバーページは、フレッツ光回線からのアクセスかどうかをチェックしており、フレッツ光回線以外からはログインできなくなっています。

つまり、フレッツ光メンバーズクラブからの退会手続き前にフレッツ光を解約してしまうと、退会手続きもメール配信停止の手続きもできない状態になってしまいます。へんな仕様です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/23

フレッツ光から au光へ 切り替え

ガラケーをなくしたためにスマホに買い換えて、毎月の携帯電話料金が増えてしまう対策の一つ目として、自宅の電話・インターネット環境をフレッツ光からau光に移行しました。これで、auスマートバリューが使えるようになるので、2年間は毎月1500円弱、その後も毎月1000円弱、割引がうけられるようになります。

フレッツ光からau光に切り換えても電話番号は番号ポータビリティで同じ番号が使えます。親戚や知り合いに連絡する必要もないことが確認できたので切り替えに踏み切りました。

申し込んでから1ケ月弱で工事日となりました。事前に宅配便でVDSLモデム+無線ルータ+電話接続装置が一体になったものが送付されてきます。うちはマンションなので、管理棟の機器室から自宅までは光ファイバーではなく、電話線を使ったVDSLになります。

工事日当日は、宅内では、従来のフレッツ用のVDSLモデムとひかり電話装置を取り外して、この装置に取り替えるだけ。その後、管理棟の機器室内で設定を行なって作業そのものは終了です。あとはもう一度自宅で機器が使えるかどうか確認して全て終了。1時間くらいで全部終了しました。

ただ、工事終了の時点では、自宅の固定電話からの発信はできるが、夕方まで着信はできません。NTTからKDDIへの局側の切り替え手順のためとのこと。夕方、着信できることが確認できたら、NTTに解約の連絡をしてくださいとのことでした。


NTTの解約の手続きで、どこに連絡すればいいのかとか、ちょっと戸惑いましたが、電話連絡だけですみました。
あとはしばらくは請求書とかをしっかり確認すればいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/04

MacBookAir

大学生の娘にせがまれて、年末にMacBookAirを買いました。

娘は情報系の学科に通っており、2年前合格した際にWindows8のノートパソコンを買ってあげていました。大学ではプログラミング実習の授業もあり、その場合はUnix系OSが前提となるので、ノートパソコンにVirtualBoxをインストールし、その上にUbuntuを起動して使っていたようです。ただ、大学に設置してあるのがMacで、授業もUnix系といいながらも暗黙のうちにMacやそのベースとなるBSDを前提とした部分が多いらしく、Macが(も)欲しいと言い出したわけです。

授業で必要と言われると無碍に断るわけにもいかず、クリスマスプレゼントとお年玉と成人祝いを全部合わせてということで、MacBookAirを買ってあげることにしました。

お店で購入の際にはMacの初期設定をしてくれる有償サービスも勧められましたが、情報系の学科に通っているのだからそれくらい自分でやりなさいということで、本体だけを持って帰りました。冬休みの間に初期設定を終わらせるつもりのようです。


妻は、娘がMacを使うのなら娘のノートPCを、自分がいま使っている古いノートPCの替わりにもらおうと思っていたようですが、娘はMacとWindowsの両方を使うので、妻の願いは叶いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/03

VirtualBox上のゲストOS群(追加)

調子に乗って、またまたいくつか追加でインストールしました。

[Haiku]
BeOSを再現することを目指しているプロジェクト。
以前、VMwarePlayerにインストールしたことはありましたが、今回は簡便に、仮想マシンイメージファイルをVirtualBoxにマウント(でいいのかな?)しただけ。
マウスもスルスルと動きますので、GuestAdditions相当のパッチが当たっているのかもしれません。
アプリがないので、きっとこのまま放置プレイの予感。

Haiku


[WindowsXP]
以前のPCで使っていたWindowsXPのCD-ROMメディアとラインセンスキーが余っていたのでインストールしてみました。
Windows95用のWindowsUpdateのサイトが削除されているみたいなので、こちらもこのまま放置プレイの予定。


[Android4.4 RC1]
X86向けのAndroidもあります。
こちらのサイト(http://www.mixp.net/google/525)を参考にさせていただきました。こちらもインストールしただけで放置予定。
起動時のメッセージを見ていると、AndroidってLinuxなんだ、とあらためて思いますね。

Android用のGuestAdditionsがないのでマウスの動きがちょっと引っ掛かる感じがします。
有ったとしても、root権限のとれないAndroidでどうやってGuestAdditionsをインストールするんだという問題がありそうですが。

Android_2

AndroidをVirtualBoxにインストールしてみて改めて感じましたけど、あのUIはタッチ操作が前提になっているもので、マウス操作には向いていませんね。

Windows8が使いにくいという声があるのも同じような理由で、あのタイルパネルのインターフェースをマウスで使おうとするからじゃないですかね。私はデスクトップを主体に使っていますので、Windows7との細かな違いで最初は戸惑いましたがいまはもう慣れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/02

VirtualBoxのゲストOS達

いろいろとインストールしてきたら、こんなになりました。

Virtualbox

7個のゲストOSがインストールされています。
ホストマシンのメモリを8GBしか積んでいないので、同時には二つくらいしか立ち上げられませんが。

特に使う用途があるわけじゃないので、完全に趣味の世界ですね。一応、なにかの時に、検証用とか使えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親指シフト on Solaris11 on VirtualBox

Solaris11には、IBus-Anthyがあらかじめインストールされていました。

Anthy設定で親指シフト入力を選択したのですが、どうもうまく親指シフト入力ができません。変換キーを親指(右)キーに設定しているのですが、右親指同時打鍵をすると英字入力モードに戻ってしまっているような感じです。同時打鍵判定時間がうまくないのかなと思ったのですが、同時打鍵タイミングを調整するような設定項目が見つかりません。

いろいろと試行錯誤した結果、Anthyの設定ではなくIBusの設定画面で、「一般」タブ→「キーボードショートカット」→「切り換え」用キーから「Henkan_Mode」を削除することで、私の希望に近い入力ができるようになりました。

それにしても、Solarisでも親指シフト入力ができるなんて素晴らしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧