サッカー・Jリーグ

2016/10/23

ジェフ千葉×松本山雅@フクアリ

J1リーグ戦が2週間もないので、10月16日にジェフ千葉×松本山雅戦を観にフクアリに行ってきました。
船山、山本真希、パウリーニョ、シュミット・ダニエルと、フロンターレと縁のある選手を見るのも楽しみでした。

天気が良くて暑いくらいでした。
Img_9774s

円陣ダッシュ
Img_9803sImg_9806s

ハーフタイムショー
昔のジェフィとユニティはもっとダルダルと踊っていた記憶かあるのですが、キレキレのダンスをするように成長していました。
Img_9886sImg_9885sImg_9890s

船山選手がプレースキックを任されていました。
Img_9925sImg_9932s

シュミット・ダニエルは先発フル出場、パウリーニョは契約のために出場できず、山本真希はベンチ入りしてましたが出番はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/10

千葉×松本戦チケット

来週末もJ1リーグ戦がありません。ルヴァン杯の決勝戦があるそうですが、残念ながらフロンターレには声が掛かっていません。替わりにというわけではありませんが、J2の千葉×松本戦を観に行こうと思います。

ジェフ千葉はメインスポンサーにJR東日本が入っているため、JR東日本のみどりの窓口でもチケットを買うことができます。買えるのは自由席だけで、指定席は買えません。みどりの窓口で買うとコンビニとは違ってチケット発券料が要りませんので、ちょっとお得です。

ということで、近くの駅まで出かけて買ってきました。
みどりの窓口の駅員さんはさすがに分からないということはありませんでしたが(千葉市内の駅ですし)、端末のメニューから簡単に発券できるというわけではないようで、分厚い資料の中から探し出してコードを端末に入力して発券してもらいました。

Kimg06351

特急券などと同じサイズの磁気チケットでした。切り取る半券部分がありませんが、これですんなり入場できるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/09

ホーリーホックバス

さっき、海浜幕張近くの357号線で、水戸ホーリーホックのバスが東京方面から千葉方面に向かって走っていくのを見かけました。
明日の夕方、フクアリで千葉×水戸戦があるので、前日入りの選手を乗せていたのでしょうか。残念ながら角度的に選手が乗っているのかどうかよくわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/14

船山がMVP@ちばぎんカップ

(千葉県を中心とする)世界の三大カップ戦の一つといわれるちばぎんカップは、ジェフ千葉が3-0で勝利しました。
関塚監督率いるジェフ千葉は、ニューイヤーカップ宮崎ラウンドに続いての今季早くも2冠達成です。

ジェフ千葉の選手として山本マサキと船山が先発出場し、船山は前半15分頃に先制ゴールを決め、MVPに輝きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/04

東京ドロンパ

Img_0699s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/29

田中パウロ淳一

田中パウロ

今日のエルゴラから、勝利のダンスを踊るパウロ。
マスクが水色のところに川崎愛が滲み出てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/08

J2開幕戦 長崎×千葉

スカパー無料デーで長崎×千葉戦を見ています。

長崎のGKは植草、千葉のGK はニコシュンこと高木と元フロンターレGK対決です。パウリーニョはもちろんキャプテンとして出ています。

長崎はメインスタンドからピッチに向かって右側がホームなんですね。なんでだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/22

練習試合 千葉×山形

セッキーとノブリンの対決をフクアリに見に行きました。

ジェフはパウリーニョがキャプテンとしてボランチで出場していました。ニコシュンことGK高木は残念ながら出場せず。ベンチにもいなかったような気がします。

試合結果は、0-0のまま終わってしまうのかという終了間際、ジェフのオナイウ阿道のゴールでジェフが1-0の勝利となりました。セッキーとノブリンの昨年暮れからの対決はようやくセッキーが勝利をあげました。練習試合ですが。

阿道のゴールを祝福するパウリーニョ

Img_7948s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/01

J's Goal終了しました

J's Goalが昨日までで終了になりました。ブックマークしていたJ's Goalを開こうとすると、新しいjleague.jpのサイトにリダイレクトされます。

サイトのリニューアルというのは良くあることで、新しいサイトが慣れていないせいもあって使いにくいと感じるのも、ある意味しかたのないことでしょう。

ただ、それでも残念なのが、スタジアムガイドがなくなったことですね。新しいjleague.jpのサイトでは、スタジアム情報は各クラブ情報の中にしかありません。そこにあるのはスタジアムへのアクセスやマップ、スタジアムによっては写真が一枚あるだけで、スタグル情報とかイベント情報のようなものはありません。
遠くでなかなかいくことのできないスタジアムでも、スタグル情報やイベント情報を読みながら、いつか行きたいなぁと夢を膨らませるのも楽しかったのですが。

あとマスコットの情報が見当たらないもの寂しいです。マスコット総選挙のページはありますが、それぞれ写真1枚ずつしかないという質素(チープ)な作りでした。

jlegue.jpのサイトもきっとそのうちに充実されてくることを期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/31

2シーズン制の賞金はどうなってるんだろう

こんな報道もでていますが、今年から採用される2シーズン制での賞金ってどうなるのでしょう。

自分的には、2シーズン制にするなら、前期優勝チームと後期優勝チームには賞金面でも厚く配分されるべきだと思っています。そうじゃないと、前期/後期優勝しなくても、通算3位以内に入ればチャンピオン シップシリーズに出場できるわけで、昨シーズンまでのACL出場圏内(3位以内)を狙うのと大差ないことになってしまいます。

世間的にはチャンピオンシリーズとしてライト層には注目されるかもしれませんが、クラブ/チームにとっては短期決戦ではなくて1年間を通した通算勝ち点が目標ということに変わりはありません。ディープなファン/サポータにとってもそういう仕組みが見えてしまえば、せっかくの2シーズン制も前期/後期の優勝争いの盛り上がりは期待したほどにはならないんじゃないかという危惧も持っていまいます。

調べてみると今シーズンの賞金は以下のようになっていました。
(http://www.j-league.or.jp/j1/outline.html)

> 年間総合優勝 : 賞金1億円
> 各ステージ優勝: 賞金各5千万円
> 年間勝点1位 : 賞金8千万円
> 年間勝点2位 : 賞金3千万円
> 年間勝点3位 : 賞金2千万円
> チャンピオンシップ1回戦、準決勝の勝利金として賞金各1.5千万円

賞金総額を計算すると、3億7500万円になるようです。

昨シーズンまでの賞金が、優勝2億円、2位1億円、3位から6位までが8千万円から2千万円、7位が1千万円の合計5億1千万円でしたから、1億4500万円減っているように見えますが、どうなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧